「演歌の乱」と「竹内まりや」

Mariya-takeuchi


3月26日の夜、二つの音楽番組がありました。ひとつはTBS系で放送していた「ミリオンヒット音楽祭 演歌の乱」。もうひとつはNHKで放送していた「竹内まりや Music&Life ~40年をめぐる旅~ 」。演歌の乱は昨年12月にも放送されて2回目でした。演歌歌手の皆さんが自分の持ち歌や演歌ではないポップを歌う番組です。前回は徳永ゆうきさんが歌った米津玄師さんの「Lemon」は特に話題になりました。今回は徳永さんはBacknumberさんの「オールドファッション」を歌いました。藤あや子さんが歌ったHYさんの『366日』もなかなか素敵でした。


演歌歌手の皆さんの歌唱力のベースはレベルが違うようです。番組ではこの高音が出るか?とかこぶしは封印できるか?などとちゃんと歌えるか?のような煽り方もしているが、むしろ見逃してはいけない歌ウマポイントを紹介しているとも言えます。ポップスが言葉をないがしろにしているとは言いませんが、演歌は言葉を大事にしている感があります。言葉を詩を聞く人の心に届ける歌唱。それがポップスを歌っても生きているから、元歌のオリジナルの歌手が歌うよりも言葉が心に響いてくるような気がしました。演歌歌手が生きていくのはそう簡単ではない時代だと思います。その中で生き残っている皆さんの歌を歌い伝えて行く力は本物で、3回目の企画が待たれます。

続きを読む "「演歌の乱」と「竹内まりや」"

| | コメント (0)

ホームにて@SONGS中島みゆき~平成世代が愛する女神~

Miyuki_songs

2019年1月26日のNHK SONGSは「中島みゆき~平成世代が愛する女神~」と題して放送されました。

今回TV初公開される中島みゆきの秘蔵ライブ映像と平成の時代に活躍し、中島みゆきを愛してやまない3人の女性表現者、土屋太鳳、百田夏菜子(ももいろクローバーZ)、吉岡聖恵(いきものがかり)の証言を通してエバーグリーンな中島みゆきの歌の魅力に迫る。
(中略)
何故中島みゆきの歌はエバーグリーンなのか?番組では、テレビ初公開となる「ホームにて」、「蕎麦屋」、「EAST ASIA」のライブ映像を紹介するとともに、平成の時代に活躍を続ける3人の女性表現者が、それぞれの中島みゆき愛を語る。

実は、直近発売されたCD『中島みゆき ライブ リクエスト ‐歌旅・縁会・一会‐』の初回盤特典のDVDの3曲が、SONGSで公開されたライブ映像のようですが、それはともかく、太宰治を知り愛する若者達が今もなおいるように、中島みゆきの楽曲にふれて彼女の曲を気に入っている若者が少なくない事を嬉しく思います。
少し弱っているときに、「頑張れ」ではなく「そんな事は世の中いくつもあるさ」と寄り添う歌が、沁みるんだと思います。紹介された中の「ホームにて」は、自分も昔から好きな一曲です。アルバム「ありがとう」の中の曲。歌詞曲(高畑充希さんのカバー

続きを読む "ホームにて@SONGS中島みゆき~平成世代が愛する女神~"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NHK SONGS 宇多田ヒカル 2018.6.30

Img_4247

私じゃない誰かとの関係しか想像できなくて。この瞬間の誰かでも、50年前の誰かでも、50年後の誰かでもいい。 その誰かに聴いてほしくて歌を作り唄う。と社会に対して何かを訴えたくて歌を作る事はない。そんな彼女の歌つくりの姿勢や、「りぼん」に漫画を投稿したこともある話なども出て、とても良い番組でした。

彼女の作品の歌詞に焦点をあてて、番組は進みました。

続きを読む "NHK SONGS 宇多田ヒカル 2018.6.30"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Good Bye 森田童子さん 合掌

Douji_morita

森田童子さんが亡くなったというニュースが流れました。シンガーソングライター 65歳。デビューアルバムは「Good Bye」(1975) 大学生になり太宰治を愛読していた自分には、彼女の抒情に訴える切ないか細い、それでいて惹きつけてやまない歌声のファンだったのは40年以上も昔の話です。その頃はLPです。まだ手元にあった3枚のLPを並べて写真を撮ってみました。

続きを読む "Good Bye 森田童子さん 合掌"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今でも聴きたい!60~70年代フォーク&ニューミュージックベスト30

40代以上1000人に60年代70年代の好きな歌のアンケートをとってその結果を発表する番組をBS放送でやっていました。7月の再放送のようでしたが、BSジャパン(テレビ東京系)の『あの年この歌~時代が刻んだ名曲たち~』という番組の『今でも聴きたい!60~70年代フォーク&ニューミュージックベスト30』という特別編でした。                                       

  曲名 発表年 歌手名 作詞 作曲
6 贈る言葉 1979 海援隊 武田鉄矢 千葉和臣
7 木綿のハンカチーフ 1975 太田裕美 松本隆 筒美京平
8 酒と涙と男と女 1976 河島英五 河島英五 河島英五
9 異邦人 1979 久保田早紀 久保田早紀 久保田早紀
10 22才の別れ 1975 伊勢正三 伊勢正三
6位から10位はこんな曲です。1980年以降の歌は対象外です。40歳の人が生まれたのが1976年です。リアルタイムで知っていて、思わず口ずさめるのは50歳以上のお仲間でしょう。さて、あなたならどんな曲を投票したでしょう。

続きを読む "今でも聴きたい!60~70年代フォーク&ニューミュージックベスト30"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

シエナ・ウィンド・オーケストラ BBFF2@札幌Kitara

Img_0321
札幌コンサートホールKitara 3階席から、演奏前の写真。24日に「2016 BRA★BRA FINAL FANTASY BRASE de BRAVO with Siena Wind Orchestra」に行って来ました。
日本でTOPのプロ吹奏楽団であるシエナ・ウィンド・オーケストラがスクエアエニックスのゲーム ファイナル・ファンタジーの曲を演奏するコンサートです。

コンサートホール Kitara はクラッシックのコンサートを主目的として作られて、演奏ステージを囲むように、ブロック単位で客席が構成されているヴィンヤード形式という構造で、音響効果の評判もとても良い会場です。

続きを読む "シエナ・ウィンド・オーケストラ BBFF2@札幌Kitara"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダークダックスのマンガさん亡くなる。

Darkdacs
左からパクさんこと高見沢さん、マンガさんこと佐々木さん、ゲタさんこと喜早(きそう)さん、ゾウさんこと遠山さん。パクさんとゲタさんはすでに亡くなられていて、20日84歳でマンガさんの訃報が流れたました。

続きを読む "ダークダックスのマンガさん亡くなる。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週刊現代@セブンイレブン限定



バラバラとめくって思わず買ってしまいました。
豪華有名人125名が語る「ニッポンのよき時代」!
「あのとき」「あのひと」「あの場所」を語り尽くす!
と題した週刊現代特別号は、セブンイレブン限定発売だとは、帰ってきてから知りました。

続きを読む "週刊現代@セブンイレブン限定"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

STARWARS展とPMF



日曜日に、札幌市の芸術の森美術館に行ってきました。東京六本木ヒルズでの展示に続いて札幌での開催のSTARWARS展です。そしてその音楽も生のフルオーケストラで聴いてきました。

続きを読む "STARWARS展とPMF"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iphoneの音を家のスピーカで聞く(AVWAR700購入)

最近買ったCDを家のスピーカーで聞きたいと思った。iphoneに取り込んでいるのがそのままつなげて聞ければ便利なのに・・。で、調べてみると今は世の中便利なものがあって5000円もかからずにワイヤレス(bluetooth)で繋げることができました。しかも音が全然良くて感動もの。

ELECOM エレコム iPhone6 iPhone6 Plus 対応 Bluetooth オーディオレシーバーBOX NFCペアリング機能搭載 高音質コーデックAAC/aptX対応 光デジタル出力搭載 LBT-AVWAR700

という商品amazonで3,709円

Avwar700

続きを読む "iphoneの音を家のスピーカで聞く(AVWAR700購入)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧