« googleの地図がおかしい?苗穂駅が・・ | トップページ

「演歌の乱」と「竹内まりや」

Mariya-takeuchi


3月26日の夜、二つの音楽番組がありました。ひとつはTBS系で放送していた「ミリオンヒット音楽祭 演歌の乱」。もうひとつはNHKで放送していた「竹内まりや Music&Life ~40年をめぐる旅~ 」。演歌の乱は昨年12月にも放送されて2回目でした。演歌歌手の皆さんが自分の持ち歌や演歌ではないポップを歌う番組です。前回は徳永ゆうきさんが歌った米津玄師さんの「Lemon」は特に話題になりました。今回は徳永さんはBacknumberさんの「オールドファッション」を歌いました。藤あや子さんが歌ったHYさんの『366日』もなかなか素敵でした。


演歌歌手の皆さんの歌唱力のベースはレベルが違うようです。番組ではこの高音が出るか?とかこぶしは封印できるか?などとちゃんと歌えるか?のような煽り方もしているが、むしろ見逃してはいけない歌ウマポイントを紹介しているとも言えます。ポップスが言葉をないがしろにしているとは言いませんが、演歌は言葉を大事にしている感があります。言葉を詩を聞く人の心に届ける歌唱。それがポップスを歌っても生きているから、元歌のオリジナルの歌手が歌うよりも言葉が心に響いてくるような気がしました。演歌歌手が生きていくのはそう簡単ではない時代だと思います。その中で生き残っている皆さんの歌を歌い伝えて行く力は本物で、3回目の企画が待たれます。

 NHKの竹内まりやさんの番組は、その歌手人生40年を振り返った番組でした。デビューの頃、作詞作曲を始めて他の人へ曲を提供した時期。再び自分で歌いだして現在にいたるまでを、折々の映像と一緒に紹介していました。知りませんでしたが、昨年はライブの映画も含めて芸術選奨 文部科学大臣賞(大衆芸能部門)も受賞されたんだそうです。リンクを紹介しておきましょう。  40周年特別サイト  竹内まりやオフィシャルHP  楽しいし、少しずつ自分自身が良い意味で変化して生きている。75歳くらいまでは、歌を作ったり唄ったりしていきたい。そんな風なことも番組の中で話されていました。下世話な小市民は、山下達郎さんと竹内まりやさんのDNAを持った娘さんはどうしている?とか、そういえば桑田佳祐さんと原坊さんの息子さんは?とかも気になったりします。(笑)


両方同時に見れないので、竹内さんは録画再生しました。

|

« googleの地図がおかしい?苗穂駅が・・ | トップページ

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« googleの地図がおかしい?苗穂駅が・・ | トップページ