« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

橋本忍さん@第91回アカデミー賞

Shinobu_hashimoto

第91回アカデミー賞、残すは主演男優賞、主演女優賞、作品賞という大詰めの前にMEMORIALと題されたコーナーで上の画像は映されました。橋本忍、ご存知ですか?

続きを読む "橋本忍さん@第91回アカデミー賞"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

休日の朝の珈琲

Coffee

珈琲カップと珈琲ミル。豆を挽いて淹れた珈琲は香り豊かです。休みの朝は趣味というか役割と言うか珈琲を淹れます。ミルはもう30年使っています。電動ミル付きのコーヒーメーカーもあるのですが、休みはこの古いミルでガリゴリと豆を挽きます。

続きを読む "休日の朝の珈琲"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

また地震。規模は弱くても、発生時刻が・・

Img_0666

スマホで地震警報が鳴ったと思った直後にグラグラと来た。長い。でも揺れは小さいままで大きくは揺れなかった。食器棚から食器が飛び出して割れることもなく治まった。お雛様の花瓶?(正式名称不明)が倒れていました。でもそれくらい。

続きを読む "また地震。規模は弱くても、発生時刻が・・"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ニムロッド、1R1分34秒@文藝春秋

Img_0637

Img_0642

今年の芥川賞が載った「文藝春秋」3月号が発売になりました。今回は上田岳弘さんの「ニムロッド」と下町屋良平さんの「1R(いちらうんど)1分34秒」。上の写真は目次の一部分です。単行本で発売されたら、それぞれ1,000円以上と考えればとてもお得です。ちなみに表紙の絵は松村 公嗣さんの「夢殿」

もちろん芥川賞の2作品以外にも綿矢りささんと金原ひとみさんの対談など、興味深く気軽に読める記事もいろいろです。

さて、芥川賞と直木賞をおさらいしておきましょう。(以下「日本文学振興会」HPより)

------------------------------------------------------------
 芥川賞は、雑誌(同人雑誌を含む)に発表された、新進作家による純文学の中・短編作品のなかから選ばれます。直木賞は、新進・中堅作家によるエンターテインメント作品の単行本(長編小説もしくは短編集)が対象です。

 両賞の選考会は年2回(上半期は7月、下半期は翌年1月)行われます。両賞とも、対象期間中に刊行された作品の中から、数度の予備選考委員会を経て最終候補作が選ばれ、選考委員の討議によって受賞作(1作または2作)が決定します。「受賞作なし」となることもあります。
-------------------------------------------------------------

続きを読む "ニムロッド、1R1分34秒@文藝春秋"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

正しいうがいの仕方を60過ぎて知る。

先日、テレビを見ていたらインフルエンザが流行っているので気をつけましょう。という話で、基本の対策は手洗い、うがいです。と伝えていて、「ハイハイ、それぐらいは知っているしやっていますよ」と流し見ていたら

「水を口に含んですぐうがいされる人がいますが、間違っているので・・」というお医者さんの話。え?間違っている?解説を聞いて納得。この歳まで知りませんでした。
「正しいうがいの方法も知らずに、ボーっと生きてるんじゃねぇよ!」
とチコちゃんに怒られそうです。知っていましたか?
 

続きを読む "正しいうがいの仕方を60過ぎて知る。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

池江璃花子さんからのメッセージ

「今の私の率直な気持ちです。」と題して画像が張り付けられていました。

Rikakoikee0213

まだ18歳の高校3年生。これからの治療への不安だっていっぱいあるでしょうし、どうしてという悔しい思いだってあって当たり前。混乱して取り乱しても誰も責められない状況で、このメッセージ。最近涙腺の緩いおじさんはなんだか泪があふれてきました。「神様は乗り越えられない試練は与えない。自分に乗り越えられない壁はない。」世界レベルで戦ってきた精神力は半端ないものだとしても、です。

続きを読む "池江璃花子さんからのメッセージ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お雛様、飾りました。

Hinaninngyo

冷やし中華、始めました。ではないですが、半月位は飾っておこうと飾りました。本当は畳1枚のスペース使う7段飾りフルセットなのですが、せめてお内裏様とお雛様だけはと2体のみ飾りました。

続きを読む "お雛様、飾りました。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

庭にキタキツネが!?しかも・・

野鳥に来てもらおうと毎年餌台を設置していますが、今年の冬は庭にキタキツネが現れました。珍客です。聞きなれない鳴き声がするので窓をみたらキツネが!

続きを読む "庭にキタキツネが!?しかも・・"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

国際雪像コンクール 他@さっぽろ雪まつり

全ての画像はクリックすると大きく表示されます。
World_compe
大雪像が紹介されることが多いさっぽろ雪まつり、市民が作る小雪像も時折紹介されえていますが、国際雪像コクールが紹介される事は非常に稀です。開催しましたというニュースのタイミングでは雪像が完成していません。今年で言うと、さっぽろ雪まつり大通り会場は2月4日から開催で、ニュースはそのタイミングで流れますが、国際雪像コンクールは、2月3日~2月6日が制作期間なんです。採点が行われるのは2月7日。写真は2月7日の夜撮影したものです。優勝はタイ(上段 中)、準優勝はマカオ(中国)(上段、左)。他は中国、姉妹都市・大田広域市(大韓民国)、フィンランド、ハワイ、インドネシア、ポーランド、シンガポール。チームは3人。詳細はHPでご確認ください。
 

続きを読む "国際雪像コンクール 他@さっぽろ雪まつり"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

貨物列車が主役になった@さっぽろ雪まつり

Snow
札幌のHTBという放送局とJR貨物がスポンサーの雪のHTB広場、今年の雪像です。テーマは「届いてあたり前が、届ける喜び。~今日も走るレッドベア~」レッドペアはある貨物列車の愛称です。そしてこの雪像は夜のプロジェクションマッピングがメインです。

Htb_on
貨物列車が浮かびあがります。HTBの黄色いキャラクタONちゃんもいます。緑の牧場に牛がいて、北海道のおいしい玉ねぎやじゃがいもを沢山積んで貨物列車が走っていきます。ところで「JR貨物」という会社はご存知でしょうか?

続きを読む "貨物列車が主役になった@さっぽろ雪まつり"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マイナス10度は普通


今朝もシジュウカラや今年初顔のコガラが餌台に来ていましたが、リアル気温測定してみました。マイナス11度くらいでしょうか。
この時期、朝の気温としてはそう珍しくはありません。40年ぶりのとんでもない寒気はむしろこれから明日の朝にかけてで、今日の最高気温の予想がとんでもないことになっています。

続きを読む "マイナス10度は普通"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

チコちゃんに叱られる@さっぽろ雪まつり


さっぽろ雪まつりが開幕しています。自衛隊が作る大雪像の他に、市民が作る雪像があります。今年の人気はチコちゃんのようです。
ボーッと見てんじゃねえよ!と怒られそうですが、あまりテレビなどでは紹介されません。

続きを読む "チコちゃんに叱られる@さっぽろ雪まつり"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

屋根の雪が崩落した!

Img_0072
昨日(2/4)は全国的に暖かい日でした。右側の車庫と同じだけ積もっていた屋根の雪が、崩落しました。向かって左側にも小山ができています。右側は車庫があるために、玄関前に崩落して来ます。
 

続きを読む "屋根の雪が崩落した!"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

嵐 @朝日新聞の広告

アクセス解析なんていう機能があって、ブログの中でどの記事に人気があるのかわかります。最近の記事へのアクセスが多いのですが、何かのきっかけで古い記事にアクセスが集まっていたりする事があります。あれ以来最近じわじわとアクセスされているのが「嵐」の新聞広告の記事です。必ず記事にしている訳ではないですが、なかなか派手なのでつい記事にしていました。記事へのリンクとそれぞれの記事から写真を一部転載しておきましょう。

Arashi201102
 嵐の似顔絵を人気漫画家が一人ずつ描くという企画

続きを読む "嵐 @朝日新聞の広告"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は節分、明日は立春。

食べた事はないのですが、2月3日にだけ発売される和菓子があるそうです。「京都 柏屋光貞 法螺貝餅(ほらがいもち)」(LINKは京都の和菓子☆ドットコム)山伏が使った法螺貝の形で中には白味噌餡と牛蒡。初茶会で使われるはなびら餅と材料が似ているのは偶然の一致なのかも興味深いです。

 
今日は節分で明日は立春。正しく言えば明日は立春なので今日は1年に4回ある節分の一つという事になります。24節気の内の立春、立夏、立秋、立冬がその4つになります。現在はその最初の立春の前の節分だけを節分というようになってきたようです。
 
で、今や節分と言えば「恵方巻」ですが、1998年にセブンイレブンが全国展開してから呼び名として全国区になりました。節分に太巻きを食べる習慣が関西にあっても、それに「恵方巻」という名前を広めたのはセブンイレブンで、関西以外ではそんな太巻きを食べるなんて昔はなかったという事実を今の若い人は知っているでしょうか。

Setsubun

続きを読む "今日は節分、明日は立春。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

欽ちゃん&香取慎吾の第96回全日本仮装大賞

今夜は「仮装大賞」をやっていました。お正月特番のひとつだったように思いこんでいたけれど、いつの間にか変わっていたようです。ずっと司会の「欽ちゃん」こと萩本欽一さんは77歳。香取慎吾さんが42歳。40年続いている番組です。

久しぶりに最後まできちんと見ました。昔はあと1点で合格などと言う時には、欽ちゃんが審査員を脅して?合格させていたものですが、そういう事はまったくなくなっていました。
それでも、一生懸命に演じる出演者の演技を楽しく見させてもらいました。結果を並べておきます。自分の感想も添えて

Kaso
(優勝作品「水族館オールスターズ」)

優勝   水族館オールスターズ
 DAPAMPの「USA」をBGMにテンポよく、洒落た振り付けで見せてくれた集団演技。衣装?も良くできていて華やかに一曲演じました。
準優勝 アシカショー
 お父さんのアシカの身体を張った演技が涙ものでした。(可笑しくて、そしてひたむきさに涙でした)
3位    シルエットでサファリ
 「ライオンは寝ている」をBGMに人の影絵で動物を見せる。ネタ自体に新鮮さはないけれど、フレームへの入り方、消え方、展開の流れが美しくまとめられていました。
 
そして各賞
 

続きを読む "欽ちゃん&香取慎吾の第96回全日本仮装大賞"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪庇(せっぴ)が人を襲う

Img_9939

我家のガレージの屋根です。元々は登山用語で、山の尾根に積もっている雪が風の影響もあって、風下へ張り出して出来る雪の塊を雪庇(せっぴ)と呼びます。原因が同じで家の屋根にできる張り出しの塊も雪庇と呼びます。層になっているのは、一度に出来た物ではなく何度かの雪の度に厚くなってきている事を示しています。
  

続きを読む "雪庇(せっぴ)が人を襲う"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »