« 樹木希林さんへの弔辞 是枝監督 | トップページ | 宝島社の広告「樹木希林」さん »

築地市場の想い出

豊洲市場のニュースが連日流れています。築地の場内市場へは行った事がない人も豊洲の新市場へは出かけている様で大騒ぎです。なぜか豊洲市場の紹介ではマグロは真っ白な冷凍マグロばかりです。なかなかTVに映らない生マグロの写真を下に載せました。昔、築地で自分が撮影した写真です。なぜこの生マグロのセリをテレビで使わないのか、撮らせてもらえないのか理由は不明です。





Img_0862


上の写真はセリが終わった後の写真です。生マグロのセリは朝一番最初に行われるので、交通機関では間に合いません。一度も冷凍にはなってない生のマグロは綺麗に光輝いています。下の画像をクリックすると「大間」の文字も見えると思います。


(※記事内の写真はクリックすると大きく見ることができます。)


Img_0527_5



好奇心旺盛な自分は、大間のマグロを見たくて東京に単身赴任していた時代に休みの土曜の朝に何度か築地の場内市場をフラフラさせてもらいました。「ターレ」が走りまわる中、プロの人達が買い物をしている場内市場で買い物もさせてもらいました。



Dscn1293




築地市場でセリに参加して仕入れる仲卸し業者の店が市場の場内には並びます。街の魚屋さん、寿司屋さんや食堂、料亭の人達が、セリが終わった仲卸の店に買いに来るのが場内市場。それが豊洲に引っ越した訳です。場内市場は素人さん皆さん来てくださぁいというスタンスではなかったと思います。場外市場は基本的に一般の素人相手で築地で仕入れた新鮮な素材を提供するお店が並んでいるという役割分担だった訳です。






プロ用の包丁などの道具を売る店、市場で働く人や、場内市場に買物に来た人達用に食堂もありました。それが安くて美味しいと評判になり観光客もその食堂街を利用したという経緯で、場内の食堂に行列ができるようになった訳です。だからカレー屋さんとかもある訳です。豊洲では何か所かに集めて一般客が入りやすくなったようです。


仲卸の魚屋さんも普通の素人を拒絶してはいる訳ではなくて、プロの方の売り買いが一段落する8時半過ぎくらいであれば、素人の買い物にも気軽に応じてもらえました。デコボコの通路で、ビシャビシャに濡れているので、お洒落な靴で出入りする場所ではありませんでした。豊洲になっても、排水つまりであふれたりする場合もあるようなので、そこは変わらないかもしれませんが。豊洲の場内市場は観応客を積極的に受け入れようとしているみたいで、マグロのセリが見れる「窓ガラスのある二階」、記念写真が撮れるコーナー。なども作られたようですが、この騒ぎで野次馬やマスコミが大勢チョロチョロされるのは場所が変わっただけで、本来やらなきゃいけない仕事をしようとしている人達には迷惑な騒ぎだと思います。




Dscn1272

大きなマグロを見るのは、セリが終わった後の仲卸のお店巡りしていると、マグロを扱っている店では長い専用の包丁使っておろしたりしているので、それで十分じゃないのかなと思います。冷凍のマグロのせりは「インスタ映え」はしないと思います。(笑)




すっかり有名になったターレの通路と人の通路を分けたというニュースも耳にしましたが、気をつけないと結構なスピ-ドで走り回っています。市場で買った魚を店に、お客様へ運ぶトラックに運ぶ乗物です。正にプロが仕事をしているのを素人が邪魔しちゃいけない訳で、気を使って見学して欲しいなぁと思います。




築地市場の雑然とした活気ある風景の写真を何枚か並べてこの記事を終わります。


200711_3



Dscn1276































Dscn1294



Dscn1296































Dscn1290_2

Dscn1316





|

« 樹木希林さんへの弔辞 是枝監督 | トップページ | 宝島社の広告「樹木希林」さん »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

東京」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 築地市場の想い出:

« 樹木希林さんへの弔辞 是枝監督 | トップページ | 宝島社の広告「樹木希林」さん »