« 七草粥 | トップページ | キウイフルーツが成った »

たちぽんと獺祭と小百合さん



真だちと日本酒、旬を楽しみました。自分で手間をかけると美味しさが増すような気がします。

8年前に 「旬を食べる「真だち」(真鱈の白子) 」 という、記事を書いているので、真だちについては詳しくはそちらを。
自分でもその記事を久々に読んで、残っていた真だちを今夜はムニエルにして食べました。お奨めです。
15年目になるこのブログですが、人間興味のある事や、嗜好は早々変わるものではなく、ブログに書こうと思っても、あれ?前にも書いたかとググると出てくるんですねえ 笑。





脚本家の早坂暁さんが亡くなられて、NHKでその追悼番組として、あの36年前のドラマ、夢千代日記を放映していました。 そのビデオから撮影した写真です。
いやぁ、美しいですねぇ。
こちらは「夜になって雪 」 という題で7年前に書いていました。 笑

ま、ぼちぼちとお付き合いください。

|

« 七草粥 | トップページ | キウイフルーツが成った »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

昭和」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

八戸では真鱈の白子を「ハツ」といいます。
陸奥湾では真鱈の最盛期だそうですが、その値段の高いこと、高いこと。
ほんの少し入った1皿が600円から700円。
鍋に入れると、探すのに苦労するほどの量です。オリーブオイルとニンニクで炒めたハツ、美味しそうですねぇ。
「夢千代日記」、しっかり見てましたよ。
 ♪ 何の因果で 貝殻漕ぎなろうた
   カワイヤノー カワイヤノ
「貝殻節」の歌と踊りが今も記憶に。
「夜になって雪」・・・日記に記す夢千代の姿とため息。早坂暁の世界です。

投稿: ポッチ~ | 2018.01.15 21:12

>ポッチ〜さん
八戸はハツなんですね。北海道はタチ。標準語は白子になるようです。所変わればなのか、あの美味しさを知っている土地では、なのか。
かわいやの〜 のろをこぐ振り付けは覚えてますね。最近NHK比率が高くなってきた気がししています。民放離れはCMがうるさすぎるのも一因かも、歳なのかなぁ ^_^

投稿: 惑 | 2018.01.16 08:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4833/66279095

この記事へのトラックバック一覧です: たちぽんと獺祭と小百合さん:

« 七草粥 | トップページ | キウイフルーツが成った »