« 新琴似天舞龍神2017 | トップページ | キウイフルーツの花 »

「夏越の祓」と「水無月」

Img_6610

昨日は6月30日。1年に2回、6月と12月にある大祓(おおはらえ)の日でした。神社本庁のHPによると大祓とは「我々日本人の伝統的な考え方に基づくもので、常に清らかな気持ちで日々の生活にいそしむよう、自らの心身の穢れ、そのほか、災厄の原因となる諸々の罪・過ちを祓い清めることを目的としています。」12月は「年越しの祓」そして6月が「夏越(なごし)の祓」で晦日の昨日がその日でした。

身についた半年間の穢れを祓い、無病息災を祈るため、茅や藁を束ねた茅の輪(ちのわ)を神前に立てて、これを三回くぐってお参りをします。写真は昨日仕事帰りに行ってきた北海道神宮の茅の輪です。

Img_6614

茅の輪の上にかかっていた札の拡大写真です。
①「水無月の夏越の祓する人は千歳の命延ぶというなり」は「拾遺和歌集」6月の大祓いをする人は、命が千年延びる
「思ふことみなつきねとて麻の葉をきりにきりても祓へつるかな」和泉式部「拾遺和歌集」思うことや悩み事はみな尽きて(水無月)しまえと、麻の葉を切りに切ってお祓いをした。
②「千早振る 神の御前に祓いせば 祈れることの叶わぬはなし」
大きな力を持つ神様の前でお祓いをすれば、お願い事が叶わないことはない。
③「今日くれば 麻の立ち枝にゆふかれて夏水無月の 祓ひをぞする」
①②③をくぐりながら唱えるというお参りの仕方もあちこちに記述があります。

まぁ、お参りの仕方はこれくらいにして、半年に一度、罪や穢れを祓うとともに、自らを振り返るための機会として、夏越の祓は良い風習だと思います。

Img_6617
参道正面です。新緑から夏の緑に変わっていっています。さて、この夏越の祓で京都ではお約束のお菓子があります。それが「水無月」。和菓子店だっけでなくスーパーやコンビニ、学校や役所の売店にも並ぶらしいです。茅の輪は北海道神宮でもやっていましたが、「水無月」はなかなか、北海道ではっみつかりません。

Img_6628
大丸デパ-トで売っていました。京都の和菓子屋さん俵屋吉富さんの「水無月」。詳しくは99年前のこちらの記事で。恵方巻のように全国展開にはなっていませんね。コンビニが予約スイーツとして宣伝発売でもすれば広がって行くのかもしれませんが、何でも全国一緒よりは地域、地域の風習や食べ物があるほうが健全な気もします。

Img_6589
朝採りサクランボ。額が残っている市販のサクランボはありません。我が家に一本あるサクランボが収穫時期になりました。夏越の祓はそんな時期のイベントです。


|

« 新琴似天舞龍神2017 | トップページ | キウイフルーツの花 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4833/65478113

この記事へのトラックバック一覧です: 「夏越の祓」と「水無月」:

« 新琴似天舞龍神2017 | トップページ | キウイフルーツの花 »