« 雪まつりとプロジェクションマッピング 2017 | トップページ | 猛禽類(ハイタカ)が庭に来た »

うれしいひなまつり

Img_3746
あかりをつけましょ ぼんぼりに
おはなをあげましょ もものはな

サトウハチローさんの作詞のこの歌のタイトルが「うれしいひなまつり」です。「ごにんばやし」「かんじょ」「うだいじん」がこのうた歌詞には出てきます。今のこどもたちはわかるでしょか。

楽天市場で雛人形の売れ筋ベスト100の中に、七段飾りは1セットだけでした。五人囃子がいるセットは8セット、三人官女がいるセットも15セット、他はお内裏様とお雛様の親王飾り。

親王飾りだけを飾りましたが、実は我が家のお雛様は7段飾りです。30年以上昔、長女が生まれたときに妻の実家から贈られたものです。2畳くらいのスペースがないと飾れません。普段は使わない和室の客間がないと飾れません。飾らない時に押し入れの中で占有しているスペースも半端ではありません。嫁入り道具に持っていっても良いと娘には勧めたのですが丁重に断られました。世の中に今年のひな祭りに飾られないまま箱の中で眠っている雛人形はどのくらいあるのでしょう。せめて親王飾りだけでもたまには飾ってあげないとと飾った次第。
雛人形の写真が出てくる過去記事を調べてみました。
2015年 生き雛様の記事「ひな祭り」
2011年 前回出した時の記事「お雛様」
2005年 まだ娘が家に居たときの「ひな祭り
5年に一度くらいは飾って記事にしているようです。まだまだ雪の中の北の国。春を待つ季節行事、桃の花でも買ってきて飾りましょうかね。

|

« 雪まつりとプロジェクションマッピング 2017 | トップページ | 猛禽類(ハイタカ)が庭に来た »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お雛様の季節ですねぇ。
男雛女雛の柔和なお顔をみただけで
気持ちがフンワリ・・・。
当方、男児2人のため、雛飾りとは縁なく過ぎていきましたが、
30年前というとバブル華やかりし頃でしょうか。
あの頃は7段飾りも多かったのでしょうね。
飾りながらお嬢さんの幼い頃を思い出す・・・
なんてことになったのでは?(笑)

投稿: ポッチ~ | 2017.02.23 20:49

>ポッチ~さん
コメントありがとうです。お雛様と言えば昔から七段飾りが普通だった時代が、いつの間にか住宅事情もあって親王飾りが主流になたんでしょうね。男の子お二人でしたか、お孫さんに雛人形を送るというパタンもなかったでしょうか。

投稿: | 2017.02.25 16:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4833/64924058

この記事へのトラックバック一覧です: うれしいひなまつり:

« 雪まつりとプロジェクションマッピング 2017 | トップページ | 猛禽類(ハイタカ)が庭に来た »