« 凍(しば)れるねぇ | トップページ | 花びら餅(千秋庵) »

今でも聴きたい!60~70年代フォーク&ニューミュージックベスト30

40代以上1000人に60年代70年代の好きな歌のアンケートをとってその結果を発表する番組をBS放送でやっていました。7月の再放送のようでしたが、BSジャパン(テレビ東京系)の『あの年この歌~時代が刻んだ名曲たち~』という番組の『今でも聴きたい!60~70年代フォーク&ニューミュージックベスト30』という特別編でした。                                       

  曲名 発表年 歌手名 作詞 作曲
6 贈る言葉 1979 海援隊 武田鉄矢 千葉和臣
7 木綿のハンカチーフ 1975 太田裕美 松本隆 筒美京平
8 酒と涙と男と女 1976 河島英五 河島英五 河島英五
9 異邦人 1979 久保田早紀 久保田早紀 久保田早紀
10 22才の別れ 1975 伊勢正三 伊勢正三
6位から10位はこんな曲です。1980年以降の歌は対象外です。40歳の人が生まれたのが1976年です。リアルタイムで知っていて、思わず口ずさめるのは50歳以上のお仲間でしょう。さて、あなたならどんな曲を投票したでしょう。
                                                                        
  曲名 発表年 歌手名 作詞 作曲
1 なごり雪 1975 イルカ 伊勢正三 伊勢正三
2 時代 1973 中島みゆき 中島みゆき 中島みゆき
3 神田川 1973 かぐや姫 喜多条忠 南こうせつ
4 バラが咲いた 1966 マイク真木 浜口庫之助 浜口庫之助
5 翼をください 1971 赤い鳥 山上路夫 村井邦彦

これがベスト5.もうどはまりです。ベスト3は、その曲が入ったLPをそれぞれ持っています。1950年代生まれの青春の歌々という並びです。ただ、今回作詞作曲も調べたのですが、シンガーソングライターのイメージの歌手の人たちのヒット曲が他の方の作詞、作曲という歌が少なくない事に驚きました。11位から30位も紹介します。

  曲名 発表年 歌手名 作詞 作曲
11 帰って来たヨッパライ 1967 ザ・フォーク・クルセダーズ フォーク・パロディー・ギャング 加藤和彦
12 学生街の喫茶店 1972 GARO 山上路夫 すぎやまこういち
13 いとしのエリー 1979 サザンオールスターズ 桑田佳祐 桑田佳祐
14 この広い野原いっぱい 1967 森山良子 小薗江圭子 森山良子
15 青春時代 1976 森田公一とトップギャラン 阿久悠 森田公一
16 卒業写真 1976 ハイ・ファイ・セット 荒井由実 荒井由実
17 若者たち 1966 ザ・ブロードサイド・フォー 藤田敏雄 佐藤勝
18 「いちご白書」をもう一度 1975 バンバン 荒井由実 荒井由実
19 ガンダーラ 1978 ゴダイゴ 山上路夫/奈良橋陽子 タケカワユキヒデ
20 旅の宿 1972 吉田拓郎 岡本おさみ 吉田拓郎
21 あの素晴らしい愛をもう一度 1971 加藤和彦と北山修 北山修 加藤和彦
22 五番街のマリーへ 1973 ペドロ&カプリシャス 阿久悠 都倉俊一
23 あの日にかえりたい 1975 荒井由実 荒井由実 荒井由実
24 心の旅 1973 チューリップ 財津和夫 財津和夫
25 大都会 1979 クリスタルキング 田中昌之・山下三智夫・友永ゆかり 山下三智夫
26 白いブランコ 1969 ビリーバンバン 小平なほみ 菅原進
27 青葉城恋唄 1978 さとう宗幸 星間船一 さとう宗幸
28 さよなら 1979 オフコース 小田和正 小田和正
29 悲しくてやりきれない 1968 ザ・フォーク・クルセダーズ サトウハチロー 加藤和彦
30 関白宣言 1979 さだまさし さだまさし さだまさし

40代の人は1960年代の歌はリアルタイムでは知りません。ところが結構40代の人の投票が多い歌もありました。「翼をください」「この広い野原いっぱい」は音楽の教科書に載っていて好きな歌だったという事情でした。
新しい人たちがカバーしたのを聞いて知ったというもっと若い人達もいるでしょう。良い歌が歌い継がれて行くことは素敵だと思います。井上陽水、アリス、五輪真弓、あの頃のフォークを語るなら出てくる人が出ていなかったりするのも一般アンケートならではなのかも知れません。

今日は「little glee monster」の武道館ライブを見ました。平均17歳、若い歌声もまた良いものです。

|

« 凍(しば)れるねぇ | トップページ | 花びら餅(千秋庵) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

昭和」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

どの曲も知っているし、口ずさめます。(^^♪
そんな私はもうすぐ還暦です。

久保田早紀さんとは同じ学校、同じ学部、同じ学科隣のクラスでした。
卒業まじかのデビューで、私は面識はなく、
卒業後に周りから「同じ学校じゃない」と言われて気づくのんきさでした。

昭和の歌は、一音に一語乗っているので
とても歌いやすいです。
漫画も(ここからは趣味の世界ですが)
枠の中に絵が収まり見やすいです。
平成になり歌も漫画もはみ出たり、わざとテンポをずらして歌ったり
アドリブの利かない私には住みにくくなっています。(笑)

投稿: 陶片木 | 2017.01.17 12:16

>陶片木さん
みにくい画面は、やっと直しました。早生まれの自分はこれからですが、同級生は還暦になってしまいました。そのあたりの年代の人間には口ずさめる歌ばかりが並びましたね。
30年以上歌い継がれている歌があふれていたいい時代だったのかもしれません。「君の名は」は30年後歌い継がれているでしょうか。コメントありがとうでした

投稿: | 2017.01.18 00:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4833/64768198

この記事へのトラックバック一覧です: 今でも聴きたい!60~70年代フォーク&ニューミュージックベスト30:

« 凍(しば)れるねぇ | トップページ | 花びら餅(千秋庵) »