« 旬を食べる 根曲がり竹 | トップページ | 百花繚乱 »

富士に桜



エゾヤマザクラに通称 蝦夷富士と呼ばれる羊蹄山。まだ雪残る富士山と桜というのは本家では見られる風景なのかどうかはわかりませんが、桜の満開の期間は短いので、2年越しの狙っていた1枚です。



花より団子ではないですが、桜と富士の写真を撮った真狩村へ行く途中、中山峠では定番の揚げじゃがを。


こちらは道の駅、とうや湖で150円のホタテ汁。ホタテの稚貝が沢山入って、甘く美味しかったです。
見て美しく、食べて美味しく、GWのドライブでした。

|

« 旬を食べる 根曲がり竹 | トップページ | 百花繚乱 »

北の花折々」カテゴリの記事

北海道」カテゴリの記事

コメント

「富士に桜」のタイトルを見て、あの日本一の富士山だとばかり思いました。
羊蹄山だったんですね。
お見事な一枚です!
エゾヤマザクラの咲き具合といい、羊蹄山の
残り雪といい、青空といい、2年がかりで撮った
だけのことはありますね。

↓青森の根曲がり竹の郷土料理は、3センチ程度に切ったタケノコと身欠きにしん、
イトコンと一緒に醤油、酒、みりんで煮付けます。美味しいですよ。

投稿: ポッチ~ | 2015.05.17 21:18

>ポッチ〜さん
花の満開って数日で、晴れと休みがそれに重なってくれないと撮れない1枚。まぁ自己満足ですが^_^
姫竹、根曲竹、呼び名は色々のようですが、美味しい食材ですよね。身欠きニシンと一緒の煮物も美味しそうです。
糸こんにゃくも一緒で定番料理みたいですね。調べたら沢山出てきました。

投稿: 惑 | 2015.05.18 07:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4833/61550568

この記事へのトラックバック一覧です: 富士に桜:

« 旬を食べる 根曲がり竹 | トップページ | 百花繚乱 »