« 自動販売機も冬季用 | トップページ | 冬本番 »

凄い羽生選手



羽生結弦選手、フィギュアスケート、グランプリシリーズ、第3戦、中国上海大会。ショートプログラム2位を挽回できずに2位。
という結果でしたが、ドラマに満ちてぃました。直前公開練習の時に、中国の閻涵選手と激突して棄権しても不思議ではない状態の中、滑っての二位でした。写真は滑り終わった直後の写真です。



控えに戻り、得点を待つ羽生選手。ジャンプで失敗しても、最後まで滑りきって、こらえていた痛みや緊張がほぐれた、素の表情のようににみえます。
どれだけの怪我だったのかわかりませんが、凄い演技だったと思います。中国の選手も棄権せずに演技を行いました。怪我を悪化させるかもしれない状況の中、彼等の演技はその内容ではなく、演技に向かう彼等の半端じゃない熱意が感動を与えてくれました。

|

« 自動販売機も冬季用 | トップページ | 冬本番 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 凄い羽生選手:

« 自動販売機も冬季用 | トップページ | 冬本番 »