« 冬本番 | トップページ | 6pチーズの磯辺焼き(マツコさんも絶賛!) »

高倉健さんと「わくわく日記」

高倉健さんが亡くなられていたことが初七日を過ぎて発表されました。11月10日83歳だったそうです。昭和6年2月16日生まれ。

「往く道は精進にして、忍びて終わり悔いなし」

天台宗・比叡山延暦寺の大阿闍梨、酒井雄哉氏から贈られたこの言葉を座右の銘にされていたそうで、マスコミへの死亡通知に添えられていた。高倉健さんをして座右の銘になりうる言葉で、煩悩と欲にまみれた俗人の自分には到底叶わぬ凛とした節度ある真摯な生き方が伝わって来ます。

代表作の一つ「網走番外地シリーズ」その主題歌は高倉健さんが歌っています。昭和7年生まれの同世代の父は、この歌をよく歌っていました。栃木に生まれて18で北海道に渡り、21から亡くなるまで網走で過ごした父はこの歌と「知床旅情」を「網走の人間はこれは歌えないとなぁ」などと先輩に言われて一生懸命覚えたらしいです。

その網走番外地の映画で網走駅として看板をかけかえて撮影されたのは、自分の生まれ育った「藻琴駅」でした。 「オホーツク海と月見草」2009
そして有名になった網走番外地こと網走刑務所 「網走刑務所と博物館 網走監獄」2010
任侠映画から離れての名作「幸せの黄色いハンカチ」は夕張で撮影されました「ほらぁ あれえ!!」2007 東北大震災の後、高倉健さんが台本に貼っていたという写真をわくわく日記も記事にしていました。「心は折れない」2013

他にも「鉄道員」 「駅(STATION)」「遥かなる山の呼び声」「海峡」「居酒屋兆治」のロケ地 が北海道という縁の深い高倉健さんの訃報。関連するわくわく日記の過去記事も振り返ってみました。

昭和の星がまた一つ消えた気がします。いいひとは11月10日に亡くなるのでしょうか。森繁久彌さん、森光子さんも11月10日に亡くなられています。ご冥福をお祈りします。

|

« 冬本番 | トップページ | 6pチーズの磯辺焼き(マツコさんも絶賛!) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

昭和」カテゴリの記事

コメント

今度は菅原文太さんが亡くなったそうな。
でも、今回反応はなし。
惑さんにおいて、やはり高倉健さんとは違う存在なのね。
僕も同意なんではありますが。

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2014.12.02 06:55

>ピーちゃんの身元引受人さん
網走と広島の親近感の違いというよりは、そのストイックさへの感銘度合の違いが大きいかもしれませんねぇ。映画は虚業と言った文太さんと、生き方が出るという健さんの差かも知れません。実は仁義なき戦いもトラック野郎もほとんど見ていないんですよね。テレビの再放送など含めて健さんのは任侠物含めて結構みているんですけど。
ただ、昭和がまた遠くなりますね

投稿: 惑 | 2014.12.02 08:28

ありがとうございました。
思った通りで、安堵しました。

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2014.12.02 09:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4833/60675980

この記事へのトラックバック一覧です: 高倉健さんと「わくわく日記」:

« 冬本番 | トップページ | 6pチーズの磯辺焼き(マツコさんも絶賛!) »