« 旬を食べる 夕張メロン | トップページ | ハマナスの咲く頃 »

北の大地の水族館(山の水族館)



先日、帰省した時に立ち寄った水族館。2年前に中村元さんという水族館ブロデューサーが関わって改装オープンして以来、話題の水族館です。その目玉が上の看板。世界初、川が凍る水槽。日本初、滝つぼ水槽、日本最大イトウの大水槽。さて。



これが川が凍る水槽です。半地下から野外の水槽を見ます。冬場こそ見ものの水槽です。マイナス20度の厳寒時に厚い氷の下の魚たちが見られるのは世界初ということです。

滝つぼの下から、滝つぼを見上げた形になっている水槽です。迫力がありました。

イトウの大水槽。1mを越す大きなイトウが群れをなして泳いでいました。北海道の河川に住むサケ系の巨大魚です。

実はこの地は温泉で、それを利用した熱帯魚もいろいろ陳列されていました。写真の魚に綺麗にされている手は自分の手です。くすぐったい印象です。
この水族館のホームページはこちら




|

« 旬を食べる 夕張メロン | トップページ | ハマナスの咲く頃 »

北海道」カテゴリの記事

コメント

すごい。
川が凍る水槽なんてあるんですか。
でも大丈夫?
ガラスがうすいそうですが。
割れない?

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2014.06.23 11:13

ピーちゃんの身元引受人さん
すっかり返事が、遅くなってしまいました。
よくわかりませんが、最近の流行りだと、断熱性にすくれた間に空気の層を持った二重ガラスではないかと。水の中より外の方が冷たくなる地域ですからねえ。マイナス30度は一冬に何回かある地域です。
寒さで凍る影響を気にするならマイナス30度の

投稿: 惑 | 2014.06.29 20:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4833/59859703

この記事へのトラックバック一覧です: 北の大地の水族館(山の水族館):

« 旬を食べる 夕張メロン | トップページ | ハマナスの咲く頃 »