« 中村勘三郎さんの同級生 | トップページ | マツダ CX-5@朝日新聞 »

杮落としの「杮(こけら)」は「柿(かき)」とは違います

来年春の「新歌舞伎座こけら落とし」の舞台に立つのを楽しみにしていた。と勘三郎さんの訃報の続報で流れていました。で、どこかの放送局で「柿落とし」とテロップに出ていて、え?こけらって柿(かき)って書くの?と気になって調べました。

以下 wikipedia より

「杮(こけら)」という字は「柿(かき)」と同じに見えるが、「柿(かき)」は「木部五画(旁が「亠+巾」)」なのに対し、「杮(こけら)」は「木部四画(縦棒が繋がる)」である。しかし、過去の文献によれば、両者は明確には区別されておらず、例えば『康熙字典』では逆になっており、両方とも「柿(木部五画)」とするものや、両字は同じ字の別字体と説明するものもある。これを根拠にして、JIS規格では「柿(木部五画)」が両方の字を包摂するものとしている。これに対し、字典で区別されていないのは後の混同によるものであり、字義を考えれば「こけら」は「杮(木部四画)」で書くべきとする説もある。

-----------------------------------
パソコンで出してみました。HGP教科書体です。

Kokera_3

かきは木へんの5画、こけらは4画というのがわかるかと思います。で、屋根なんかにつかわれてこけら葺きというのがあるそうです。自分の幼いころ古い家はまさ葺きでした。薄いペラペラの板。あれよりは厚いいたのようです。 日刊スポーツの方がこの漢字をあえて新聞に使った経緯をHPで述べていました。 日刊スポーツ 言葉の旅人  町田さん 参照ください。



|

« 中村勘三郎さんの同級生 | トップページ | マツダ CX-5@朝日新聞 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4833/56262737

この記事へのトラックバック一覧です: 杮落としの「杮(こけら)」は「柿(かき)」とは違います:

« 中村勘三郎さんの同級生 | トップページ | マツダ CX-5@朝日新聞 »