« 大谷翔平君 夢への道しるべ(日本ハムファイターズの資料) | トップページ | いつもの冬の光景 »

しょうゆが教えてくれた小さな大切。@朝日新聞

Img_0179
キッコーマンの広告はいつも醤油を使ったレシピつきというのが多いようです。

お手軽3品 おもてなしごはん と題して、鶏とごぼうの炊き込みごはん お刺身サラダ いんげんの牛肉巻き サンチュ添え の写真とレシピが公開されています。

「しょうゆが教えてくれた、小さな大切」、 とタイトルをつけて9つのフレーズが紹介されています。
・しょうゆをちょこんと一滴たらす。ちいさなことで、なにかが変わる。
・つらいことがあった日でも、おいしいって、笑えた。
・おなかがいっぱいになったら「ごめんね」って言える気がした。
・嫌いなものでも、好きになれることを知った。
・「おいしい」っていうことばが、「だいすき」にきこえた気がした。
・料理をつくってくれる人がいた。
・「しょうゆとって」と言える人がそばにいた
・あたりまえのように過ぎていった日々を思い出してなぜか、泣いた。
・おかあさんの味はちょっとしょうゆの味がした。
食卓の思い出なのだと思います。家族だったり、恋人だったり、仲間だったり・・。
ひとりではなく、だれかと一緒の食事。自分のためにだれかが作ってくれた食事。だれかのために自分が作った食事。「おいしい記憶をつくりたい」というサブテーマを掲げている企業らしい広告でした。キッコーマンのレシピのページ「ホームクッキング」 は「ホームクッキング」 検索 でOKだそうです。

| |

« 大谷翔平君 夢への道しるべ(日本ハムファイターズの資料) | トップページ | いつもの冬の光景 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

新聞広告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: しょうゆが教えてくれた小さな大切。@朝日新聞:

« 大谷翔平君 夢への道しるべ(日本ハムファイターズの資料) | トップページ | いつもの冬の光景 »