« softbankお父さんストラップにBOSSの缶コーヒー | トップページ | 敬老の日 9/17がG.Gデー? »

ヒトは、本を読まねばサルである。

Takarajima_saru
朝日新聞 2012/9/13 宝島社の全面広告。「ヒトは、本を読まねばサルである。」ある意味、本屋さんの広告としては素直なコピー。

全裸の男女が60人弱。このサル山ならぬヒト山を、見ているのは子供二人と言うのも、意味深ではあります。
1347490256463.jpg
危ない部分はバナナで、巧みに隠れてはいます。笑
去年の宝島社の広告は こちら (今年の先頭の写真は 宝島社さん からお借りしました)

本の価値。それが今回の企業広告のテーマです。
本には、人類のあらゆる叡智がつまっています。
先人たちの知恵や知識、史実から思想、空想まで、
人間の経験と思考のすべてがあると言っても過言ではありません。
本を読むことは、自らを成長させる知力を身につけることです。
本を読まないことは、その機会を逃がすことです。
この広告が、本の価値を再確認するきっかけになることを願います。
(広告意図として宝島社のHPに掲載されていた文章です)

このコピーどこかで聞いたような気がして調べてみると、元マイクロソフト社長の成毛さんの著書でした。知ってか知らず可、残念ながら宝島社ではありませんでした。

本は10冊同時に読め!―本を読まない人はサルである!
生き方に差がつく「超並列」読書術 (知的生きかた文庫)

|

« softbankお父さんストラップにBOSSの缶コーヒー | トップページ | 敬老の日 9/17がG.Gデー? »

新聞広告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4833/55645404

この記事へのトラックバック一覧です: ヒトは、本を読まねばサルである。:

« softbankお父さんストラップにBOSSの缶コーヒー | トップページ | 敬老の日 9/17がG.Gデー? »