« SLがついた街灯 | トップページ | 水羊羹と葛桜 »

風あざみ

Img_4598
「夏が過ぎ風あざみ 誰のあこがれにさまよう♪~」井上陽水さんの手になる名曲「少年時代」に出てくる風あざみは、今くらいの時期にこんな風に風にゆれている野にさくあざみを指していると思われるアザミの花のことで、彼の造語です。

写真の花は正しくは「エゾノキツネアザミ(蝦夷狐薊)」8月10日 小清水原生花園でオホーツクの風に揺れていました。

Img_4581
電線が入ってしまっていますが、オホーツク海の向こうに見えるのは、知床半島です。曇りでしたが岬の先頭までシルエットを見せてくれた1枚。
Img_4624
小高い丘の上から撮った同じ方向の写真、知床半島が地平線の向こうのオホーツクの向こうにかすかに濃い青で見えています。麦畑が実りの時期を迎えていました。
Img_4625
直後に雨が降り出したのですが、雲がいい表情を見せていました。広い傾斜地の畑といえば美瑛が有名ですが、似たような風景は北海道あちこちにあります。上の2枚を撮ったのは「感動の径」と言う場所です。オホーツク海、知床と言う素材がうまく絡めば新しい観光スポットになっていくのかもしれません。

|

« SLがついた街灯 | トップページ | 水羊羹と葛桜 »

北の花折々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4833/55439507

この記事へのトラックバック一覧です: 風あざみ:

« SLがついた街灯 | トップページ | 水羊羹と葛桜 »