« 思い出の曲が積み重なると人生になる | トップページ | 残念だった広告(石川遼@全米オープン) »

yosakoiソーラン 2012 地方車賞

Img_8791
地方車のデザインに創意工夫がみられ、チームの特色(独自性)を上手く表現しているかを評価して選出。
8チーム選ばれているのですが、カメラに納めていた4チームを紹介。まずは大賞の平岸天神。

Img_9090
旭川北の大地

Img_9073
福島からやってきた郷人。ちなみに車を持たない参加者は、運営委員会から提供されます。PA スピーカーを搭載した改造トラックです。それと リーダーおよび歌い手が上に上がって、演舞者を見下ろせるようになっています。
Img_8989
北海道大学 縁 なかなか楽しくできあがっています。。
Img_9061
最後に今回一番気に入ったスタッフTシャツを紹介します。「夢想漣えさし」のスタッフTシャツの背中です。「今宵一夜は神楽の宴 明日は出船の波枕チョイ」枝幸町は稚内近くの人口1万人にみたない、漁業と酪農の町です。札幌まで来るのに6時間はかかると思います。そんな北の果ての小さな町のチームが2年連続で大賞をとって今年も準大賞です。年に一度の祭りに弾けて、また日々の仕事に戻る。祭りというのは本来そういうものなんだと思います。
もっともすぐに来年の準備が始まるという話もありますが、来年またいろんなチームの「神楽の宴」を楽しませてもらいたいと思っています。今年のyosakoiソーラン記事はこれでおわります。ファイナルの演舞が終わって1週間。見る阿呆の記事にお付き合いくださった皆さん。ありがとうございました。

|

« 思い出の曲が積み重なると人生になる | トップページ | 残念だった広告(石川遼@全米オープン) »

YOSAKOIソーラン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4833/54983196

この記事へのトラックバック一覧です: yosakoiソーラン 2012 地方車賞:

« 思い出の曲が積み重なると人生になる | トップページ | 残念だった広告(石川遼@全米オープン) »