« トミカ 三丁目の夕日64 | トップページ | ボルドーワインの広告 »

半ドン

土曜日は朝の電車も空いている。土休は月に二回という、法律すれすれの会社で働いていて今日は出勤。土曜日の半ドンはそろそろ死語らしい。

半は半分だが、ドンはなんなのかふと気になった、以下の三つの説があるらしい。

江戸時代末期、長崎県出島よりオランダ語で日曜日または休日を意味するzondagという言葉が伝わり、訛ってドンタクになり、半分のドンタクなので「半ドン」と呼ばれるようになった。
明治時代より太平洋戦争中にかけ、正午に午砲(空砲)を撃つ地域があり、半日経った時間に「ドン」と撃つことから「半ドン」と呼ばれるようになった。
半分休みの土曜日と言う意味で「半土」と言う言葉が生まれ、それが転じて「半ドン」と言われるようになった。
以上 wikipediaより

|

« トミカ 三丁目の夕日64 | トップページ | ボルドーワインの広告 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

昭和」カテゴリの記事

コメント

懐かしい響きの言葉ですよね。 あまり使われなくなりましたですね。言葉は、こうして消えていくのでしょうか?。

投稿: ひで | 2012.01.21 09:24

>ひでさん
もう20年以上になっていると思いますね。半ドンがなくなって週休二日制が普通になって。「欽ドン」なんてのも知らない人のほうがおおいかもですねぇ 笑

投稿: | 2012.01.22 17:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4833/53785569

この記事へのトラックバック一覧です: 半ドン:

« トミカ 三丁目の夕日64 | トップページ | ボルドーワインの広告 »