« ナナカマド 七竈 | トップページ | 巨大化する金魚 »

天上の蒼 heavenly blue

Img_6049
空色朝顔 西洋朝顔 とも呼ばれるこの花は、日本でアサガオと呼ばれているものとは少し系列が違うらしいです。英語でmoning glory はこの花、江戸時代に品種改良が進んだ日本のアサガオはjapanese moning gloryと呼ばれるらしいです。

Img_6054

Img_6056
白い筋がすっと入って、なかなかバックシャンの花です。(バックシャンは後ろを指す英語のbackと美しいという意味のドイツ語のシャンshonを組み合わせた大正~昭和初期に日本で使われた造語だそうで、今は死語(笑)だそうです)
実はやっと朝顔が咲いたと朝iphoneで撮って電車の中で記事にしたのですが、この花は元々秋に咲く品種で普通の朝顔とは咲く時期が違うらしいということもわかりました。青森のポッチ~さんのブログ「ハロ~!ポッチ~」の 「暑っ!」「寒っ!」「声を荒らげる」・・・の記事を見て、あ、これだと改めてコンデジで撮影会を開いてもう一回の登場となりました。

Img_6076 Img_6055
つぼみはきれいなうずまき、花がしぼむと色は赤くなります。もうしばらく次から次へと咲いてくれそうです。背景にぼけている緑は雑草ぼうぼうの庭で芝刈というか雑草カットというかそんなこともしなくちゃいけないし、毎日食卓に彩りを添えてくれたミニトマトや胡瓜もそろそろ終わりの後かたづけの時期も近づいていますが今日は雨がふっているのでそれはまた別の日に(笑)

|

« ナナカマド 七竈 | トップページ | 巨大化する金魚 »

北の花折々」カテゴリの記事

コメント

妙齢の女性の襟足ほどではないにしても、
アサガオの首筋(!)の品のオイロケ・・・。
いいですねぇ。
一日花なので夕方になるとせっかくの天上の蒼も逝ってしまいますが、朝から雨の日のアサガオはとても気の毒です。
蒼の美を見せることなく・・・。

投稿: ポッチ~ | 2011.09.18 16:53

>ポッチ~さん
なるほどバックシャンならと、白いのはうなじと見立てましたか。
夢千代日記をやっていた頃の吉永小百合さん・・ のオイロケあたりかなぁ。笑
このheavenly blue 西洋では正式な色の名前になっています。#68a4d9 という番号になるそうです。

投稿: | 2011.09.19 00:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4833/52761239

この記事へのトラックバック一覧です: 天上の蒼 heavenly blue :

« ナナカマド 七竈 | トップページ | 巨大化する金魚 »