« サントリーの「上を向いて歩こう」 | トップページ | 桜に鯉のぼり »

ウサギのコタローが死んだ

Card
2001年5月 我家にやってきたばかりのコタローです。10年たって赤ちゃんうさぎがおじいさんうさぎになって、一昨日の朝冷たくなっていました。

Kotaro999_2

10年前携帯電話はアンテナがついていて、モノクロの小さな液晶画面でした。わくわく日記にも何度か登場しました。花の咲く庭で遊ぶコタロー。今年やっと干支になって年賀状になったコタロー。最近は足腰が弱ってほぼ寝たきりというか這うような動きしかできませんでした。それでも食欲はあって手に餌を載せて差し出せば一生懸命食べていましたし、自ら水も飲んでいました。ただ、衰弱は明らかで痩せていきそろそろ危ないなぁとは思っていました。 つい数日前久しぶりに伸びた爪を切ってあげました。いつになくじっとしていたコタローでした。

衰弱して動かない(動けない)最近の状況と見た目は同じでしたが、息をしてなくて触ると既に息絶えていて冷たくなっていました。1日置いて、今朝、庭の杏の木の下に穴を掘って土葬しました。 合掌

ところで震災で籠に閉じ込められたままなくなったペットはどの位いるのでしょう。籠から出していれば助かった命もあるかも知れません。あの津波だから可能性は低かったかも知れません。それでも10日後に助かった犬もいました。空へ羽ばたくことも出来ぬまま命を奪われた小鳥などいたのだと思います。そんな小さな命たちにも改めて合掌です。

|

« サントリーの「上を向いて歩こう」 | トップページ | 桜に鯉のぼり »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

小さい命のおわりに合掌。

投稿: oss102 | 2011.04.09 16:55

>oss102さん
ありがとうございます。テレビで福島の避難区域に残された競走馬がテレビに映っていました。厩舎に入れられたまま水も餌ももらえていないようでした・・。

投稿: 惑 | 2011.04.09 21:34

ああ、また悲しいお知らせ。

でも、十分長生きしてくれたしかわいがってもらえたからコタローくんは幸せものでしたね。

いろんな命に合掌。

投稿: 桜桃 | 2011.04.10 00:31

>桜桃さん
そうですね。コタローは寿命だったと思います。ただ、未来のある若い命が奪われるのは哀しいですね。
こないだTVで瀬戸内寂聴さんは「無常」ということばを説明していました。常に続くということは決して無いんだと、繁栄した世界も常に続くとは限らない。しかし被災した凄まじい状況もまたそれが常になって続くものではない。と・・。

投稿: 惑 | 2011.04.10 21:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4833/51337036

この記事へのトラックバック一覧です: ウサギのコタローが死んだ:

« サントリーの「上を向いて歩こう」 | トップページ | 桜に鯉のぼり »