« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

祝アジア杯優勝!美しい決勝シュート

Img_2874
この画像をリアルタイムでごらんになった皆さん。いやぁ、あのシュートは美しかったですねぇ。

続きを読む "祝アジア杯優勝!美しい決勝シュート"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

商売は難しい

Img_2864
半額だったので買ってみました。

続きを読む "商売は難しい"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬の円山公園

Img_2854
重く積もった雪が、木々に不思議な表情を与えています。(1/23撮影)

続きを読む "冬の円山公園"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

自衛隊演習@さっぽろ雪まつり

Img_2792

Img_2793
もうすぐ 第62回さっぽろ雪まつりです。自衛隊の隊旗がかかっているのは製作中だけです。

続きを読む "自衛隊演習@さっぽろ雪まつり"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ノーベル賞は賞状も凄い

Img_27752
ニュースなどで広げて持っていた賞状。これは今日北大博物館で写してきた鈴木章さんの賞状です。ノーベル賞のHPではAkira SuzukiのNobel Diploma としてここで紹介されています。

左のイラストは鈴木さんの賞状のために書かれた手書きの一品物だそうで、右の文字もカリグラファによる手書。Book binderの名前もあったので、装丁も丁寧な仕事ということでしょう。ちなみに今年のノーベル化学賞は3人とも同じ画家による花咲く森のイラストでした。

続きを読む "ノーベル賞は賞状も凄い"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

雪が物置を破壊

Img_2728
しかもお隣の物置(あちゃぁ)。屋根からの雪(玄関とは逆)がドドッドドッと落ちた時に直撃してしまったらしい。十余年屋根とこの物置の位置関係は変わっていないのですが初めての出来事。屋根から一気に落ちた量として記録的だったのでしょう。

続きを読む "雪が物置を破壊"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

はぁ

EFFD677A-80A2-47E0-954B-9FAB016AF214
また雪かきだぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪庇の成長

BAA9205F-8A49-45F5-95F8-CD6D52FE9649
504FA281-7D38-4447-BDDB-551FDA4DC07B
10日前と、今朝の同じ家の屋根。ドカン、ドカンと降り積もって、成長?したのがよくわかると思います。重みで最初の部分は圧縮されているようにも見えます。
誰かがこの下にいる時に落ちないで欲しいと思います。その手の事故で、亡くなられた方も出ている今年の北の国です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪かき 雪はね 雪おろし

Img_26941 Img_25503
左が今朝(1月16日)の状況。1月8日(右)と比べると、積もったのがよぉくわかると思います。お隣の小窓が見えなくなってきています。 最近雪の記事ばかり書いていますが、せめてブログねたぐらいにはなってもらわないと付き合いきれません(笑)。本日は雪かき、雪はね、雪おろしのお話。

続きを読む "雪かき 雪はね 雪おろし"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

林檎のシブースト@ハーゲンダッツ ドルチェ

Img_2671
これ、美味しかったです。ハーゲンダッツ ドルチェの 林檎のシブースト

続きを読む "林檎のシブースト@ハーゲンダッツ ドルチェ"

| | コメント (3) | トラックバック (1)

雪 雪 雪

オーストラリアの大雨のような災害が発生しているわけではないが、この一週間は、毎日雪かきをしている。
農家のビニールハウスが潰れたり、果樹が重みで枝折れなどと言う被害もでているらしい。
自分も、こんどの日曜日は車庫の屋根の雪降ろしをしないといけないかなと思っている。車庫も中の車も潰れては被害甚大になるので、60cm近く積もった雪を下ろそうと思う。数年ぶりの作業になる。おろした雪もまた雪かきしないといけないので、重労働です。
歳をとったら雪かきの心配のない、管理人のいるマンションが楽でいい。というのも札幌あたりではよく聞く話。それも住み変える余裕とそういうマンションがあることが前提で地方というか田舎ではそんなマンション自体ない。
大事なのは普段の近所付き合い。親しみある関係になっていれば、助け合い、思いやりの雪かきもしてもらえるというもの。
とりあえず、自分で雪かきが出来る体力と気力を維持することが今は大事かも。写真は今朝の写真。数日前に掲載した写真と比べて見て欲しい。
BC6BA633-2708-442E-89EA-B294C00AE660

| | コメント (6) | トラックバック (0)

花びら餅@小樽 花月堂

Img_2637ee1
このお菓子は季節限定の和菓子で、店先に並んでいて思わず買ってきてしまいました。創業150年を超える小樽の老舗の和菓子屋「花月堂」さんの商品です。新さっぽろサンピアザ内の支店で一個240円でした。

続きを読む "花びら餅@小樽 花月堂"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

雪庇 せっぴ

66B12122-98C4-4A33-BFF3-A400C8F281C5
この家の屋根は平らな無落雪の屋根ですが、雪が風の影響ではみ出て積もって垂れたものです。雪山で同じように雪がせり出したものも同じように雪庇と呼び、大きなものが崩れてくると雪崩に繋がったりして危険です。この家にできる雪庇も、造形は面白いですが予期せぬ落下物になる可能性があり危険です。雪が降って大変。降った後もいろいろ大変です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大雪警報の雪

Img_25493_2 Img_25521
今日は大雪警報が近隣には出ています。自分の住むところは注意報で午前中は特に要注意というレベルの雪。高速道路も雪のため視界不良で交通止めになったりしています。
幸い風が弱いのでしんしんと降っていますが、また雪かきです。上の写真は9:00と11:00の2時間違いの写真です。

続きを読む "大雪警報の雪"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

雪かきの朝

Img_25181
家族総出の雪かき風景。雪雪雪です。

続きを読む "雪かきの朝"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

松の内

41D1734D-7117-45D5-B12A-9BE8BA13EC1E
正月に飾る松飾り(門松)を立てておく期間のことが松の内。その門松、本来は縁起物で毎年買うものだお思いますが、模造品を飾って三年目。

一般的には1月6日までで、松飾り(門松)を6日の深夜または7日の早朝に取り除くのが風習になっているそうですが、明君が11日までいるので、そこまでは松の内として飾っておこうと思います。今年は兎年。ぬいぐるみも飾ってみました。

昨日からの雪は40cmは積もったと思います。昨日の夜も今朝も雪かき雪かきです。氷点下の中汗をかくぐらいの運動量になります。そんな様子はまたいずれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鳴き雪 swinging snow

今朝の通勤時の動画
昨日は一日雪で、今朝も雪が積っている上に、とても冷えた朝でした。フワフワ粉雪というよりは少し固まった細かい砂のような感じの雪です。そんな状態のときは、歩くたびに雪が鳴ります。

キュッキュッだったり、ギギュッギギュッだったり、ザックサクザックサクだったり、駅から家までの僅かな距離の間でも、様々な音がなります。雪質や、その下が氷状態なのか圧雪状態なのかでも違うようですし、歩き方でも違います。耳が痛くなって来る様な寒さの中で聞ける北国の音です。これをきちんと調べようとしている先生もいるようです。北海道大学低温科学研究所・前野 紀一さん 名づけて swinging snow なのだそうです。雪がさえずる。「鳴き雪」の妙訳だと思います。
by iPhone (動画も〉

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪初め

D82A55D9-A96F-4F6D-9B59-16237434ECE5
シーズン最初の雪は初雪。年が変わって最初に降る雪を、書初めなどと同じように、雪初めと言う。
わくわく日記の勝手な造語です。信じないように。 by iphone

| | コメント (4) | トラックバック (0)

お年玉

Img_2424
明君へのお年玉代わりのカラーボール

続きを読む "お年玉"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

年賀状

Img_24063
暮れに買ってきたコーヒーが挽いた粉だと思っていたらあけてみたら豆でした。で、仕方なくかなり久しぶりにミルを出してきて、元旦からゴリゴリと豆を挽いてコーヒーを煎れました。独身時代に買ったミルですから30年近く手元にあるミルです。

続きを読む "年賀状"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

あけましておめでとうございます。

謹 賀 新 年
Kotarou
昨年中はお世話になりました。今年も「わくわく日記」をよろしくお願いします。

続きを読む "あけましておめでとうございます。"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »