« 今年のCMベスト3 part1 | トップページ | クリスマスプレゼント »

人をつなぐもの(2010 CMベスト3 part2)


ルイ アームストロング(Louis Armstrong) 「When You’re Smiling (The Whole World Smiles With You)」この曲は先の記事で紹介した。iphone4のCMのBGMです。“君が微笑めば、世界も君に微笑み返す”

手話などわからなくても、離れた土地にいる恋人同士が微笑みあってつながっている。そのことが十分に伝わるCMだから、天野さんや多くの人が1位に選んだのでしょう。

1位と2位について書かれた天野さんのコラムの記事をそのまま引用させてもらいます。

この二つがどっちもキズナを求める「あったか~い」表現とツクリのうまさで共通している。
二つともセリフがほとんどないところも同じだ。それでいて、恋人の表情にもお弁当にも言葉がいっぱいつまっている。人と人とを本当につなぐのは、口先だけのやさしい言葉ではなく、こういう「言葉にならない言葉」や「言葉をこえた言葉」なんだろう

たかがCMされどCMで、時間当たりの製作単価は大作映画以上といいます。東京ガスのCMの最後にウルッと来てしまうのはまさにツクリのうまさなんでしょう。ただ、天野さんも書かれているように「思いを伝える」「人をつなぐ」のは言葉ではないことを伝えてくれるCM。言葉以上に溢れる思いがその表情から伝わったり、心をこめた仕事の出来栄えもまた姿勢や思いを伝えうるということは、ことばでとりつくろってもやましい心が表情を曇らせたり、不誠実な仕事では相手に伝わっていかないということになる。プロの技術を持ってなお、愚直に誠心誠意対応することで得られるのが信頼ということになるのかもしれません。

さて3位は6個も並んでいます。
 日清 カップヌードル 替え歌 ジャミロクワイ
 JR東日本 「はじめての青森」
 トステム  インプラス 堤真一
 NTTドコモ 「ひとりとひとつ
 ダイワハウス 「ダイワマン」シリーズ
 ダイハツ かくかく・シカジカ

番外 ダイワハウス Dルーム 上野樹里(大滝秀治のものまね)

3位の中ではNTTドコモの携帯電話を擬人化したのも面白いなぁと個人的にはかなりお気に入りです。

※JR東日本 の「はじめての青森」CMも北海道では流れていません。以外に地方文化なところがあって、全国展開する前の新宿西口駅の前のヨドバシカメラ 伊東に行くならハトヤ 小山遊園地 なんていうのは関東にしか流れていなかったCMでドリフターズのギャグがわからなかったことがありました。

|

« 今年のCMベスト3 part1 | トップページ | クリスマスプレゼント »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いろいろご紹介ありがとうございました。
どれも感動ですよね。
CMが本来の番組よりも感動的だったりする最近のテレビです。というか、くだらない番組でもCMで救われたり・・なんか本末転倒だけど。

>東京ガスのCMの最後にウルッと来てしまう
はい!ウルッっときました^^;

こちらは強風ですが、快晴です。そちらは荒れ模様でしょうか?お気をつけ下さいね。

投稿: 桜桃 | 2010.12.23 10:20

>桜桃さん
雑誌「広告批評」の主宰者にして名コラムニスト天野さんが声をかけて集まったアンケート結果をベースにした発表でした。
今日は雪ですが我が家の周りは荒れ模様というほどではないですね。

投稿: | 2010.12.23 15:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4833/50373133

この記事へのトラックバック一覧です: 人をつなぐもの(2010 CMベスト3 part2):

« 今年のCMベスト3 part1 | トップページ | クリスマスプレゼント »