« 「北海道」はトップブランド、そして道産子は北海道が大好き | トップページ | 長芋が採れた。ジュースを作って見た。 »

かじか(鰍)の子 醤油漬

Img_1543
いくらよりは二周りほど小さいサイズのカジカ(鰍)の子(卵)の醤油漬け。

Img_1534
これが昨夜の状態。去年作った のよりは小さい卵のものを選んで買ってきたのは正解だったようです。ハタハタの卵ほどではないですが、皮が 厚い卵なので、まだ若い小さいものの方が皮が柔らかく美味しくできました。

Img_15371 Img_15401
袋と筋を金網で外した状態と、お湯で洗って塩水で戻してざるにあげた状態。醤油+ちょっと白だし 1、味醂 1、お酒 1、水1位で味見して調整したたれに一晩、最初の写真の状態に完成です。

適度なプチプチ感は嫌いではないです。網でごりごりと筋や皮を取り除くのはいくらと同じ。一番違うのはなんといってもお値段(笑)。いくらの1/3。気兼ねなくチャレンジができます。
山わさびや生姜などを味付けに加える場合もあるようです。最初の写真をとったあと、海苔をもんでふりかけてパクパクっと食べてしまいました。

| |

« 「北海道」はトップブランド、そして道産子は北海道が大好き | トップページ | 長芋が採れた。ジュースを作って見た。 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: かじか(鰍)の子 醤油漬:

« 「北海道」はトップブランド、そして道産子は北海道が大好き | トップページ | 長芋が採れた。ジュースを作って見た。 »