« もうすぐ888888!! | トップページ | 今日のgoogleは天才バカボン! »

ジェノベーゼ パスタ

Img_0999_2
写真はうまく撮れていなかったのですが、ジェノベーゼパスタなるものをはじめて作り食べました。お店で食べたことなどないので、本当の味はどういうものかわからないのですが美味しかったです。

Img_0951
季節も終わり、一株のバジルの葉をただ捨ててしまうのはもったいないなぁと思っていたら、ひょんなことからジェノベーゼソースなるものがあることを知り、挑戦してみることに・・。バジルの葉、オリーブオイル、パルメザンチーズ(これも粉チーズではなく本当はパルミジャーノという硬い香り高いチーズをその場でおろした物を使うのが本格派のようですが普通の粉チーズを使いました)、松の実(この松の実も、本当はイタリアカサマツの実だと香りが違うらしいのですが、とりあえず中華料理用に市販されているもので代替しました。アーモンドを換わりに使うとバッチリというレシピもありました)を炒めたもの、生にんにく、塩コショウをぐわーっと混ぜて出来上がり。

分量はこれがレシピごとで様々。平均を取ると、バジルの葉50gに対して、松の実は同じか少し少ないくらい。オリーブオイルが100ccからmax150cc、パルメザンチーズは25g、にんにく1かけ。

全部入れてというレシピと、バジル以外を一度やってから、最後にバジルというレシピがありましたが、とにかくガーっと機械でやるわけですが、便利な機械のない時代は擂っていたのかもしれません。
Img_0996 Img_0998
松の実と出来上がったソースの様子の写真です。なかなかカロリーの高いソースです。オリーブオイルにナッツにチーズですからね。つまりは動物性、植物性の脂のうまみとにんにくを含めてそれぞれが主張する香りを、脇役にするバジルの香りが練られて融合したソースなわけで、塩コショウの按配にミスがなければ、イタリア~ンな生ソースが出来上がるというわけです。

まずはパスタということでアルデンテに茹であげたパスタにこのソースを和えて、炒めたベーコンを添えたのが最初の1枚。 予想以上に美味しかったです。もっとバジルバジルしている印象だったのですが、ソースと名がついているだけのことはあるという感じです。他の料理にも合いそうです。大量に作って冷凍するという人もいるようです。そこまでするかどうかは別にして、このソースを何回か楽しむために来年はバジルは二株植えてもいいかなと思ったジェノヴェーゼソース初体験でした。 

| |

« もうすぐ888888!! | トップページ | 今日のgoogleは天才バカボン! »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

たっぷりの生のバジルでつくったジェノベーゼ!贅沢ですね~。
クンクン、香りを楽しみたい

投稿: yo | 2010.09.13 20:52

私はまだ食べた事ないべ~ぜ(すみません…)。
お店のパスタは多彩で、一種類づつ食べていけば、いつか大体のパスタの味が
制覇出来るかしら。

投稿: バルおばさん | 2010.09.14 00:11

>yoさん
ようこそ。(初めまして?の方でしょうか)そうですか。これは贅沢になるんですね。勿体無いから始めた一仕事でしたが、確かに家中がバジルの香り一杯でした。

>バルさん
パスタは、スパゲティーで、それはナポリタンのことだったんですけどね。いまや明太子やら、いかすみやらなんでもありですが、美味しければ自由でしょうし、とんでもない高価なものは別にして、とんかつ定食を食べる位の感覚で食べられる、食べた事のないものは好奇心を持って楽しみたいですね。

コメントありがとうございました。
>

投稿: 惑 | 2010.09.14 07:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジェノベーゼ パスタ:

« もうすぐ888888!! | トップページ | 今日のgoogleは天才バカボン! »