« ドクダミ(十薬) | トップページ | ヤナギノマイ(柳の舞) »

Googleの「未来を選ぼう 参院選 2010」

Google_senkyo
Googleが参院選の特集ページを作って情報を提供しています。なかなか面白いです。
未来を選ぼう 参院選 2010

どういう候補者がいるのかという情報は昨日紹介したyahooと同じなのですが、さすがgoogle 各候補者が検索されている数をグラフで示しています。つまり有権者がどれだけ興味を持って詳しく知りたがっているかというひとつのバロメータとして表示している訳で、話題の候補者が上位に並びます。全候補者の中で7月5日の検索数ベスト5に昨日の皆さんの中からは谷亮子さんただ一人でした。

1.蓮 舫さん   (民主党)    東京選挙区
2.松田 公太 (みんなの党) 東京選挙区
3.岡部 まり  (民主党)    大阪選挙区
4.谷 亮子   (民主党)    比例区
5.三橋 貴明  (自民党)    比例区

事業仕分けで一躍女を上げた「蓮 舫さん」や探偵ナイトスクープなどでもおなじみの「岡部まり」さんはなるほど東京や大阪は有名人がいるなぁと再認識だったのですが、コーヒー店ターリーズのイケメン若手社長松田公太さんとか、2ちゃんねらでコスプレ大会なんかもやった三橋貴明さんなんて言うことで話題の候補者なんだぁと調べなおしたりしました。世代によってはかなりの率で知っている候補者なのでしょう。
Oosaka
上のグラフは大阪選挙区の候補者の検索数。岡部まりさんがダントツの独走体勢です。このグラフはどのくらい選挙結果に比例するでしょう。線が交錯する混沌とした選挙区もあります。ご自分の選挙区の候補の人気度合いをgoogleで調べてみるのも一興かと思います。

ホワイ党の白戸次郎さんは蓮 舫さんを上回っていると思うんですけどね。googleさんが洒落で並べてくれたら面白いのになぁ(笑)

「ちゃんと知らないと、ちゃんと選べない。 参議院選挙の候補者情報、もろもろ整理しました。このサイトを見てから、選挙へ。未来を選ぼう。」がgoogleのこのサイトの先頭に書いてあるコピーです。

googleの 「未来を選ぼう 参院選 2010」 の紹介でした。

|

« ドクダミ(十薬) | トップページ | ヤナギノマイ(柳の舞) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4833/48813369

この記事へのトラックバック一覧です: Googleの「未来を選ぼう 参院選 2010」:

« ドクダミ(十薬) | トップページ | ヤナギノマイ(柳の舞) »