« へび女の見世物 | トップページ | 明日は父(ぢぢ)の日 »

ふくらぎ(はまちの子)

Img_90671_2

食べた記憶のない魚を食べてみましたシリーズです。食べたことありますか?「はまちの子」という呼び名は聴いたことがありますか?

Img_90672

これが全体図。大変美味しくいただいたのですが気になったのは「はまちの子」で最後は鰤になる出世魚にして、地域で呼び名が違うという実に沢山の名前を持った魚であることが判明。

wikipedia によれば以下のように名前が変わるそうで40cmくらいのこの魚は関東ならイナダ、北陸ならフクラギ、関西ならツバス、四国ならすでにハマチなのかも。
関東ではハマチという名を使わないかというと寿司ネタとしてマグロと並んで人気のネタだというので話はややこしくなってきます。 刺身用で「ハマチの子」はいいブランド展開ではありますが、地域的な呼び名としては微妙な組み合わせです。

    * 関東 - モジャコ(稚魚)→ワカシ(35cm以下)→イナダ(35-60cm)→ワラサ(60-80cm)→ブリ(80cm以上)
    * 北陸 - コゾクラ、コズクラ、ツバイソ(35cm以下)→フクラギ(35-60cm)→ガンド、ガンドブリ(60-80cm)
    * 関西 - モジャコ(稚魚)→ワカナ(兵庫県瀬戸内海側)→ツバス、ヤズ(40cm以下)→ハマチ(40-60cm)→メジロ(60-80cm)→ブリ(80cm以上)
    * 四国 - モジャコ→ワカナゴ→ハマチ→ブリ→オオイナ→スズイナ

あらためてラベルを見ると 山形産となっていて関東よりは北陸系の呼び名で仕入れてはきたものの北海道では「ふくらぎ」ではなじみがなく 関西系のハマチの子 としたということと推測されます。漁業関係は 銀タラ とかネーミングが上手なのですが、そういう意味では「ふくらぎ(はまちの子)」もなかなかのアイデアネーミングかも。
こうして好奇心旺盛なおじさんを名前で釣ってお買い上げいただいたくらいですからねえ。(笑)

|

« へび女の見世物 | トップページ | 明日は父(ぢぢ)の日 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
はまちの子は四国(愛媛)ではヤズって言いいますよ^^

投稿: | 2010.06.19 02:41

>四国?さん
はじめましてコメントありがとうございます。四国でも愛媛、香川の瀬戸内側でしょうか? ワカナゴと呼ぶ四国の方もいるようですし、イナダのことだよとヤズを説明していたりする人もあっていろいろなんですよ。面白いですね。ただ、美味しいというのは共通しています(笑)。

投稿: | 2010.06.19 15:53

関東ではたしかに「イナダ→ワラサ→ぶり」ですね。
両親が関西で、「ハマチ→ぶり」とは聞いていたのですが、間に「メジロ」が入るとは知りませんでした。
鳥と同じ名前なのね。(^^;)

実は「ふくらぎ」を「ふくらはぎ」と見えてしまった私です。汗
やっぱり老眼鏡は必須アイテムです。(^^;)

投稿: 陶片木 | 2010.06.20 21:29

>陶片木さん
実は ハマチ→マルゴ→ブリ というパターンもあるようで、色んなパターンが地域やおそらく年代でも別れるのでしょう。
理して欲しいような大事にしてほしい ような(笑)


投稿: | 2010.06.20 23:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4833/48665105

この記事へのトラックバック一覧です: ふくらぎ(はまちの子):

« へび女の見世物 | トップページ | 明日は父(ぢぢ)の日 »