« 第19回yosakoiソーラン祭り 大波乱の予感(二日目) | トップページ | 新琴似天舞龍神 見参! »

第19回yosakoiソーラン祭り FUNKYすすきの会場 (三日目)

Img_8075

初日、二日目でステージを見たので、三日目は今年もFUNKYすすきの会場へパレードを見にやってきました。ごく身近で踊り手から発せられる気を感じてきました。熱いチームがいっぱいありました。
今夜見た一番お洒落なチームは初日にみてタダモノデハナイと書いた舞闘無双-BUTOU MUSOU- 間近で観てさらに納得。チームの人数で審査方式が変わって人数別で部門が変われば50人以下では間違いなくbest10入りです。

Img_82201

 大太鼓を載せた台座を人ごと担ぎ上げて練り歩いたのは「粋~IKI~(北海学園&ほくせんカード)」。

Img_82041

前半の黒赤金で渋く抑えた和風な感じから、ピンク、黄緑、オレンジと蛍光色の緩い衣装に変身してからの爆発したような元気さ。どちらのレベルも高く強豪ひしめく第7ブロックの台風の目になりそうです。

Img_82591

被写体が勢いよく、くるくる回っているので偶然にとれた面白い写真なのですが、この被写体小樽商科大学「翔楽舞」 北大 縁を破って第6ブロックからファイナル進出もあるかもしれません。

Img_82821

近くで見ないと伝わらないものもあります。「テスク&祭人」の笑顔はピカイチです。最初から最後までいっぱいの笑顔。凝ったフォーメーションや構成より「元気」をもらえます。思わずつられてニコニコ微笑返ししてしまいます。幼稚園児のようなピュアな笑顔が彼らの最高の演出です。

Img_83261

「江別まっことえぇ&北海道情報大学」の開始前です。舞台化粧というのでしょうか、しっかり施していて美人ぞろいに見えます。ヘアスタイルも含めてそれぞれのチームでいろいろこだわります。このチームは、提灯を小道具に使って元気な踊りをみせてくれました。

Img_8345

自分らは不器用だから、これしかできない自分らの踊りを披露する。そう語って見せてくれた円熟した舞。「夢想蓮えさし」はこの大きな扇子。全員がぴたりと揃えて翻し煽るその様は本当に見事です。地域に根ざして基本的に同じ要素で踊る。ベテランほど味が出る。そんなYosakoiソーランがあってもいいと思います。

Img_83571

約4時間、25チーム以上の演舞のほぼ最後にわくわく日記今年のイチオシ「VOUGE038」が登場してきました。白いうす絹のような衣装がライトに映えます。肩車された上で舞う女性がいることでスケール感がましています。激しい動きのときにはこの衣装の袂がはね上がりリボンを持って舞っているのと同じような効果があります。とにかく豪華にして繊細、赤白金という和のおめでたい基本色で構成された衣装もあいまって、「宮中での舞」というようなイメージです。ネオ ジャパネスク というコンセプト納得です。

yosakoiソーランは審査を希望する出場チーム(希望しないチームもあります)を10ブロックにわけて、それぞれのブロックの1位が日曜日にファイナルと呼ばれる決勝でもう一度踊ります。1ブロック18チーム前後。昨年大賞の平岸天神はシードされて無条件で決勝なので11チームで争われます。そのブロック分けは早くに行われ公式ガイドブックにはそれが表示されています。記事内のブロックというのはそういう意味です。昨年のファイナルに残ったチームが1ブロックに1チームずついます。どこと一緒のブロックになるか、決勝進出を狙うチームにはそれも大きなポイントだったりします。パレードとステージの2回の演舞で審査されます。

その審査は土曜日から大通り西8丁目会場と南北の大通りパレード会場で行われます。今年日曜日の夜にステージに上がる10チームはどこになるのか、大賞、準大賞2組のベスト3はどこか。yosakoiソーラン祭り まだまだ続きます。

|

« 第19回yosakoiソーラン祭り 大波乱の予感(二日目) | トップページ | 新琴似天舞龍神 見参! »

YOSAKOIソーラン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4833/48606248

この記事へのトラックバック一覧です: 第19回yosakoiソーラン祭り FUNKYすすきの会場 (三日目):

« 第19回yosakoiソーラン祭り 大波乱の予感(二日目) | トップページ | 新琴似天舞龍神 見参! »