« 夕暮れの駅から | トップページ | 路地の風景 頑張る家 »

第19回Yosakoiソーラン祭りまであと一週間

今年もYosakoiソーランの季節になりました。Yosakoiソーラン祭り公式HPスケジュールによれば第19回Yosakoiソーラン祭り今年最初のステージは6月9日(水)の西八丁目会場の夜から始まります。今年は参加チーム単位でのスケジュールもホームページで確認できるようになっています。

ご贔屓、新琴似天舞龍神はどんな踊りを見せてくれるのか、昨年が素晴らしかった覇者、新平岸天神は久しぶりの3連覇目指して何を仕掛けてくるのか。

あっと驚くエンターティメントを見せてくれるチームは出てくるのか。とても楽しみです。昨年の決勝のステージがフルでYoutubeに公式にあげられていました。貼り付けは許されていませんが、注目チームを紹介してLINKを張っておきます。Yosakoiソーランを見たことのない方はもちろん、昨年は見逃している方も洞爺湖サミットで世界のVIPにその踊りを披露した最初の2チームは、ぜひ見て欲しいです。

素朴なアフリカンドラムのジャンベ太鼓朴が響くなか、これで引退、万感の思いをこめた歌い手の歌が流れる中を「静」と「動」、歌舞伎の見得にもつながる「きめ」を随所にもりこみながら、他のチームの追随を許さぬ構成力。ステージを降りる最後まで気を抜かない、老若男女の地域総力戦のわくわく日記イチオシのご贔屓チーム  新琴似天舞龍神の動画 (←必見!!(^_^))

躍動するエネルギーの「うねり」を感じるアップテンポの連続の中、鍛え抜かれた踊り手たちに乱れはなく見る者を惹きこみます。Yosakoiソーランの原点がここにあります。浜で網を引く中腰の基本姿勢は自らを低く抑えることで、伸びたとき、跳ねたときの動きを大きく見せます。それが一糸乱れずうねる様をご覧ください。生で見てゾクゾクした感じを思い出す昨年納得のYosakoiソーラン大賞 平岸天神の動画 (←これも必見)

新琴似天舞龍神とならんで昨年の準大賞チーム、実力派です。ネオジャパネスクと自ら名乗るその踊りは和洋折衷。平岸天神と新琴似天舞龍神を足して2で割って洋舞のエッセンスを振りかけた、そんな印象の現代風のレベルの高い踊りです。 VOGUE038 の 動画

大賞、準大賞の3チームとはチームカラーが違うわくわく日記の注目チームを3チーム紹介しておきます。Yosakoiソーランの幅の広さをお楽しみください。

平岸天神、新琴似天舞龍神に代表されがちなYosakoiソーランですが、緩いルールであらゆる表現を受け入れているYosakoiソーランの幅の広さを示してくれる洋舞系の最実力チーム。音楽も洋風でかなりいい感じです。個々の踊り手のレベルは切れもよくかなり高いです。ただ群舞としての構成が少し弱かったのかもしれません。もちろん他のチームに比べればかなり高くBest3と比べての話ではあるのですが。決勝進出の常連 JAL極楽とんぼの動画 

バンカラと呼ばれ愛されてきた伝統のの雄姿をごらんください。まさに若者、気温10度前後の中を若者の勢いは「赤ふん」で跳ね回ることにためらいはありません。脱がない女子学生も一緒に頑張っています。北の国の最高学府の若者たちをごらんください。 北海道大学 "縁"の動画

昨年セミファイナル(各ブロックの2位で争われる最終日のステージ)1位、「おEZO」と名づけた江戸の賑やかさ楽しさを北海道(蝦夷EZO)でというテーマに弾けています。踊り手自身が楽しんでいる元気さが伝わってきたという点ではわくわく日記では最高評価のチーム。肩車もあれば、騎馬戦もあり、若者たちが楽しく跳ねています。 JCB夢翔舞の動画

6チーム紹介しました。大人数じゃないスピーディでもない、ガンバレと応援したくなるようなチームも沢山あります。全部含めてのYosakoiソーラン祭り。お祭りはわくわくです。

|

« 夕暮れの駅から | トップページ | 路地の風景 頑張る家 »

YOSAKOIソーラン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4833/48536209

この記事へのトラックバック一覧です: 第19回Yosakoiソーラン祭りまであと一週間:

« 夕暮れの駅から | トップページ | 路地の風景 頑張る家 »