« すもも(李)の花 | トップページ | googleに話を聴いてもらった。 »

カナガシラ(留萌産)を食べた!

Img_7360
スーパーの鮮魚コーナでみたことのない魚がならんでいた。「かながしら(留萌産)」。美味しいらしい。刺身用となっていて北海道の日本海側の留萌(るもい)産、鮮度もよさそうだし、買って帰った。

Img_7358

こんな風にパックされて売っていました。なかなかトゲトゲしていて手ごわそうです。なんとか刺身にしましたが、包丁も腕もイマイチなので3枚におろした真ん中がそのまま捨てるには忍びなかったのと、焼いた味も試したく、軽く塩コショウしてロースターで焼いてみました。

Img_7366

卵も一緒に焼いて、しまった白身がなかなか美味しかったです。

Img_7364

で、なんとか皮もひいて刺身になった「カナガシラ」ホウボウの親戚と書かれているのも見たがホウボウも知らない。魚の知識ベースがオホーツク海にある自分は魚の体験幅は少ないのかも知れない。で、味ですが。サーモンをもう少ししっかりさせた食感で、味は淡白というよりはしっかりした甘みのある味で美味しかったです。
頭がでかくて固いので重さ大きさの割りに身は少なかったですが、安く新鮮だったら今度は塩焼きとかも美味しそうな「カナガシラ」でした。じつは大きな太ったイワシ(千葉産)も刺身用というのが売っていてちょっと惹かれたのですが、わくわく度の高さで「カナガシラ」になりました。

精肉売り場には季節感や地域性は薄いですが、鮮魚売り場は野菜売り場よりも季節感や地域性があるような気がして覗くのが楽しみです。ただ最近は輸送手段が発達したせいだと思うのですが関東は言うに及ばず九州産の魚が刺身用で並んだりもします。旬はその地で味わうのがいいとは思うのですが・・

| |

« すもも(李)の花 | トップページ | googleに話を聴いてもらった。 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カナガシラ(留萌産)を食べた!:

« すもも(李)の花 | トップページ | googleに話を聴いてもらった。 »