« インスタントラーメンにトッピング | トップページ | 今年のGWは「iPhone3GS」の勉強 »

北大植物園 開園 2010.05.01

Img_6629

エゾエンゴサク この時期の人気の野の花 。色の淡いものとかなり濃く紫という色合いのものと差がありました。土が違うのか微妙なDNAの違いなのかはわかりません。群落になって咲く所もあるようですが、このGWに間に合ったかどうか。29日からフルオープンした北大植物園を散策してきました。(冬の期間は温室のみの開放でした)

Img_6620
マルバマンサク 春を告げる花なのですが・・個人的には面白いとは思うものの花として美しいかどうかは・・。春一番に咲くのじゃなかったらこんなにメジャーな花にはならなかったような気もします。

Img_6625
カタクリ アイヌの人たちが根を食用としたという説明が添えられていました。まっすぐ下を向いて咲く控えめな(?)性格の花なのでこんなに正面から写せるのは珍しいです。

Img_6641
フキタンポポ 初めて見ました。お正月に福寿草の代わりに寄せ植えに使われることも多いのだとか4~8cmくらいの高さで黄色~朱色で群落で咲いていてとてもきれいでした。

Img_6637
エンレイソウ このエンレイソウの仲間は10年以上の年月を経てやっと開花するんだそうです。葉っぱが1枚だけ出てきて終わりを5~6年繰り返し、次に葉っぱ3枚だけ出てきて終わりがまた5年以上続いてやっと花が咲くそうです。長いものだと15年かかってやっと開花するそうです*1。毎年咲いているようで実は様々な年代の花が葉っぱだけで参加していて群落を構成していて咲き続けている「延齢草」、根が薬草になることからついている名前だそうですが自らが15年もかけて花を咲かす花だとは今日まで知りませんでした。

 *1「北大理学部ききものがたり」のHP参照

Img_6647
僅かにあちこちに咲き始めた花に会って来ましたが、全体としてはこんな風景で新緑も鮮やかな・・というような状態にはもう少し時間がかかる北の国の風景を北大植物園よりお届けしました。

※ 入場料は400円ですが5月4日「みどりの日」は無料公開日です。

|

« インスタントラーメンにトッピング | トップページ | 今年のGWは「iPhone3GS」の勉強 »

北の花折々」カテゴリの記事

札幌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4833/48239980

この記事へのトラックバック一覧です: 北大植物園 開園 2010.05.01:

« インスタントラーメンにトッピング | トップページ | 今年のGWは「iPhone3GS」の勉強 »