« 漬物@北海道 | トップページ | 冬の朝 »

小田和正音楽特番「クリスマスの約束」 2009

Img_4682
昨日(2009.12.25)の朝刊に出ていたこの広告を見た方は沢山いると思うのですが、番組をご覧になった方はどのくらいいたでしょう。小田和正さんの「クリスマスの約束」今年は9年目になります。全てではありませんが可能な限り見てきた好きな番組のひとつです。2009は最高でした。

「22'50"」

ずっと woo ずっと 君のことが 気になっていた
いつの日か会いたいと 遠くから思っていた
こうして 今日 会えたね
何を言えばいいんだろう
来てくれてありがとう
嬉しかった ふるえるくらい
同じ時を生きていた 別々の場所で
聞かせてきみの歌を
その声で あの歌を

「この日のこと」と題されたこの歌を全員で歌った後、一番手は藤井フミヤさんの「TRUE LOVE」で始まりました。超豪華なバックコーラスや、大迫力の合唱を交えた編曲で「その声であの歌」が1コーラスずつ歌われていきます。握手で、ハイタッチで、時にはハグをしながら歌のバトンが渡されていきます。ステージの上の誰もが「22'50"」を歌うことが楽しくてたまらない、そうして高揚している雰囲気が画面に映る表情から伝わってきます。もちろんその歌声はゾクゾクするほど心の深いところに染みてきて、歌うことを生業にしている人たちの本気の歌声の素晴らしい力に感動の波が涙腺からあふれてきました。

1.TRUE LOVE(藤井フミヤ) / 2.今夜だけきっと(STARDUST REVUE) / 3.ロマンスの神様(広瀬香美) / 4.明日がくるなら(JUJU) / 5.明日、春が来たら(松たか子) / 6.友達の詩(中村 中) / 7.La La La(佐藤竹善) / 8.恋におちたら(Crystal Kay) / 9.Story(AI) / 10.夢で逢えたら(鈴木雅之) / 11.ハナミズキ(一青 窈) / 12.翼をください(山本潤子) / 13.HOME(清水翔太) / 14.Yes-Yes-Yes(小田和正) / 15.LIFE(キマグレン) / 16.虹(Aqua Timez) / 17.全力少年(スキマスイッチ) / 18.Jupiter(平原綾香) / 19.涙そうそう(夏川りみ) / 20.青春の影(財津和夫) / 21.帰りたくなったよ(いきものがかり吉岡 聖恵)

小田和正さん(オフコース) 62歳 財津和夫さん(チューリップ)61歳 山本潤子さん(赤い鳥,ハイファイセット) 59歳 という自分の青春時代の思い出に繋がる人たちから吉岡 聖恵さん(いきものがかり)25歳 清水翔太さん20歳という年代の幅広さ。佐藤竹善さんから夏川りみさんまでジャンルも幅広く。小田さんが「気になっていていつの日か会いたいと遠くから思っていた」人たちの幅の広さとそのプロならではの感性の確かさも再確認させられたのでした。

実は小田さんは最初、全ての曲をユニゾンで歌いたおそうとしていました。しかし若いメンバーの意見も取り入れ歌い手の個性も生かし、あの歌があの歌として伝わりつつ、みんなで歌う力が伝わるそうして旨さも伝わる絶妙のアレンジになった21曲でした。トリはいきものがかりの吉岡聖恵さんでした。豪華な大迫力のバックコーラスに埋もれず伸びやかに響いた歌声は未来へ伝わっていく歌の素晴らしさ可能性をも感じさせてくれて、見事なトリでした。

最後に小田さんが望んだ全員のユニゾンで「たしかなこと」が歌われます。ほぼアカペラに近いその歌声は音程はユニゾンなのですが、それぞれ歌い手が持つ音質がMIXされて、そうして歌への熱い想いが重ねられて、圧倒的な迫力を持って、深い奥行きを持った見事な一曲となって会場を包んでいきました。

鈴木雅之さんはこれは音楽の神様の贈り物だと感想を述べていました。クリスマスの約束という番組のコンセプトは小田さんの強い思いで『アーティスト同士がお互いを認め、愛し、尊敬すること』でした。そのコンセプトは見事に達成された今回の「クリスマスの贈り物」だったと思います。

素敵なクリスマスプレゼントをもらったお礼にささやかな記事にした次第です。

小田さん そうして参加された歌手の皆さん ありがとうございました。

【追記 2009.12.27】
最近流行りのTwitterでも感動が共有されました。#kuriyaku 
#kuriyaku」をクリックするとログインしなくても見た人の感想等を見ることができます。
【追記 2009.03】
上記での検索で不可になっていますすが ハッシュタグ(#***** で共通テーマ宣言するtwitter内でのコメントのグルーピング機能みたいなものです)を集めたサイトで確認ができます。 #kuriyakuはここ 287件のつぶやきを確認できます。

じわりじわりと噂になっていたり、あの感動の余韻を確認する人が多いようでこの記事も毎日アクセスする方がいます。ありがとうございます。「クリスマスの約束2009」についてのその後の新ねたを二つ紹介しておきます。

 1.出演者には出演者の似顔絵入(リハーサル時の服装)のipodが小田さんからプレゼントされています。
  平原綾香さんのOfficialブログ の 
   「クリスマスの約束」の記事に包装から拡大までそのipodの何枚かの写真が掲載されています。(いきなり平原さんの宣伝の声が流れるので注意してください)
  小田君と君付けで小田さんを呼ぶ山本潤子さんのofficiaiブログにも記事が3件あって写真も掲載されています。
   「終わったぁ12/1」 「素敵なプレゼント12/2」 「もういいかい(写真)」
    (※ちなみに山本潤子さんが所属していた「赤い鳥」は1969年の「第3回ヤマハ・ライト・ミュージック・コンテスト」に関西・四国地区代表として出場し、フォーク・ミュージック部門の第1位を獲得、他部門の優勝グループを抑え、グランプリを獲得(この時、オフコース(当時は「ジ・オフ・コース」として)、チューリップ(当時は「ザ・フォー・シンガーズ」として)も出場していた)。財津和夫さんはオフコースを聴いて「負けた」と思い、オフコースの小田和正さんは赤い鳥を聴いて「負けた」たと思ったというのは結構有名なエピソードのようです。40年前アマチュアの大会に出ていた3人が期せずして今回揃ったわけでした。)

 2.収録当日、22'50" は実は2回歌われたそうです。本当のアンコールってそういうものであったはずですよね。素晴らしかったという賞賛の拍手、繰り返されるカーテンコールに感謝して何かもう一曲。人気の高い曲をアンコールに用意してあるコンサートが殆どですが、22'50"がもう一回聴けた、歌えたというのは最高のアンコールだったのではないかと思います。以下のブログ記事による情報です。

つうさんのごちそうちょう(ごはんと乾杯と音楽と小田和正ファンの記録)
に収録の様子が詳細に記事にされていて
クリスマスの約束2009・幕張メッセ収録レポその5 (ラスト)
 「もう一回、22分50秒、やります!」 と発表されての様子が記載されています。
テレビ放送で最後小田さんが花束を持っていたのは2回目の「22'50"」を歌い終わった後ということのようです。たとえ電車がなくなってもその会場に最後までいた人たちのなんて幸せなことでしょう。

見てない、聴いていない方へ
動画は著作権や肖像権でNGのようですが音声だけならOKのようです。
ニコニコ動画の「【高音質】クリスマスの約束2009 22分50秒~たしかなこと」は最後の「この日のこと」~「帰りたくなったよ」まで一気に歌詞と皆さんのコメント入りでいい音で楽しめます。

【2009.04】ひっそりと?エイプリルフールの夜に東日本で再放送されました。しかも単純再放送ではなく新たに編集されていました。小委員会の歌はカットでしたがリハーサルシーンとか小田さんへの花束贈呈とか初めてのシーンもありました。

以上

| |

« 漬物@北海道 | トップページ | 冬の朝 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

松たか子のその歌、やばいっす。

投稿: みぴ | 2009.12.28 12:44

>みぴさん
松たか子さんの「春が来たら」が思い入れの在る一曲なのでしょうか。専業歌手ばかりの中、堂々の歌いっぷりでしたよ。

投稿: | 2009.12.29 22:19

通りすがりのコメントです。

この番組見ました。
凄かったです。
見てよかった。

うまく伝えられるのは、それだけですね(笑)

投稿: mog | 2010.01.11 21:24

>mogさん
確かに実際に見た感動をうまく伝えるのは難しいですよね。でも,良かったよ~、良かったね~と感動を共有したくなる思いを強く持たせる番組でしたね。コメントありがとうでした。

投稿: | 2010.01.17 12:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小田和正音楽特番「クリスマスの約束」 2009:

« 漬物@北海道 | トップページ | 冬の朝 »