« 「弁当の日」という教育 | トップページ | 椎茸日記1215 »

椎茸日記1214

Img_4551
昨日の椎茸がフライパンの上で焼かれているところ。汗と言うか水滴がにじみだしているのがわかるでしょうか。

Img_45485 Img_45564
外の明るさや、カメラの設定で色の感じは違いますが、24時間経過して今朝は傘が開いていて、また収穫予定です。

最初の写真は新鮮な生椎茸はどう食べるのが美味しいかネットで調べてみつけたもので、傘に火が通るように1cm格子くらいに切れ目をいれて、両面に酒をぱっぱっとふって、さらに裏(笠)に塩を適当にふって焼く。
じわっと水滴が出てきたら食べごろ、ひっくり返さずにそのまま醤油の1.2滴、または柑橘系を添えてお召し上がりくださいと言うシンプルなもの。
椎茸の持つ旨みと、肉厚ななめらかな食感。はしっかり確認しましたが味見したらなくなりました(笑)。

| |

« 「弁当の日」という教育 | トップページ | 椎茸日記1215 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 椎茸日記1214:

« 「弁当の日」という教育 | トップページ | 椎茸日記1215 »