« 札幌風景 | トップページ | イチロー選手 9年間で一番きつかったのは・・ »

苗穂駅の看板

Img_1152
JR北海道、札幌駅の隣、苗穂駅の駅舎のホーム側にこの看板が張られています。

Img_1153全体で写すとこんな感じです。快速電車は止まらない駅です。
何が書いてあるんだろうと気になっても通りすぎてしまいます。木造の小さな駅です。いつ誰が書いて張ったものかは分からないですが、朝の通勤列車では停まる駅ですが、なかなか車内からカメラを向ける機会もなく先日、この駅から乗車したときに撮影したものです。萩原朔太郎純情小曲集(←青空文庫)」の中の「旅上」の一部です。

 旅上(りょじょう)

ふらんすへ行きたしと思へども
ふらんすはあまりに遠し
せめては新しき背廣をきて
きままなる旅にいでてみん。
汽車が山道をゆくとき
みづいろの窓によりかかりて
われひとりうれしきことをおもはむ
五月の朝のしののめ
うら若草のもえいづる心まかせに。

「夢紀行 ロマンを求めて 苗穂から」通勤で使う人が殆どの駅ですが、小さな駅から普通列車できままなる旅に出かける・・ 弁当を食べていても顰蹙の視線は浴びないローカル線の普通列車を乗り継ぐ旅。来週のシルバーウィークはそんな日が一日あっても良いかなと思います。

|

« 札幌風景 | トップページ | イチロー選手 9年間で一番きつかったのは・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4833/46206372

この記事へのトラックバック一覧です: 苗穂駅の看板:

« 札幌風景 | トップページ | イチロー選手 9年間で一番きつかったのは・・ »