« 藍ちゃん 初優勝 | トップページ | フラノラベンダーエクスプレス »

オオウバユリ

Img_0319
大姥百合 @北大植物園 2009.07.23

Img_0324Img_0326
開花の時期に葉(歯)がないので大姥百合という名前がついたんだそうです。色鮮やかな園芸種の百合とはまた違う魅力的な花を咲かせていました。
Img_0320
あちこちで成っていた赤い実はエゾニワトコ@北大植物園 2009.07.23
赤い実が成りだすのは秋へ向かう気配でしょうか

|

« 藍ちゃん 初優勝 | トップページ | フラノラベンダーエクスプレス »

北の花折々」カテゴリの記事

コメント

ニワトコで思い出しました。子供の頃読んだ本の中にニワトコという名前が出てきて、どんなものか想像が付かなかったのです。赤毛のアンだったかも。涼しいところの植物なんでしょうね?
夏を通り越して秋に近づいているんですね~~

投稿: hicha | 2009.07.29 11:43

>hichaさん
このエゾニワトコは涼しいところのもののようですが、本家ニワトコは北海道以外の日本各地で見られるようですよ。5月の末から赤くなりはじめるようで、早い秋というよりは、遅い初夏の赤い実というのが正しい認識のようです。
理由はよくわかりませんが海外の小説ではよく登場するようです。あのハリーポッターにもニワトコの杖というのが出てくるらしいです。大きな木の緑の中に赤い実が一杯なっているのは目を引きます。

投稿: | 2009.07.30 02:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4833/45750929

この記事へのトラックバック一覧です: オオウバユリ:

« 藍ちゃん 初優勝 | トップページ | フラノラベンダーエクスプレス »