« 根曲がり竹(姫竹)とサバの水煮の味噌汁 | トップページ | 蝦蛄(シャコ) »

春の森

Img_7119

Img_7104 Img_71311
竹の子採りに行っていたのではなく、春の森を散策していたら竹の子も見つけた。という昨日の証拠写真です(笑)。

Img_7116

Img_7125 Img_70961
Img_71381
森林浴効果一杯の雰囲気が伝わるでしょうか?で竹の子はどんな風にあるかというと・・

Img_7080_2 Img_70821
普通の竹林なら真っ直ぐに伸びた竹が整然と並ぶのですが、根曲がり竹の名前はこの生え方の由来しているのでしょう。あ、左の真ん中は少しのびすぎた竹の子です。右のはお持ち帰りさせてもらいました。(わかりずらいでしょうか?クリックしてご確認ください。)

|

« 根曲がり竹(姫竹)とサバの水煮の味噌汁 | トップページ | 蝦蛄(シャコ) »

北の花折々」カテゴリの記事

コメント

もうすっかり初夏という雰囲気じゃないですか?
竹の子の生え方よく解りました~
森のなかの散策、気持ちよさそうですね。

根曲がり竹は、地面の下の根っこ(地下茎?)が曲がっているってことだと思っていました。急須やバッグの持ち手なんかで、ちょうどよいアーチを作った竹がありますよね。根っこが曲がっているから、竹の子もあちこちに向かって生えるのかしら?って、勝手に想像。間違っていたらごめんなさい。

投稿: hicha | 2009.05.17 11:47

>hichaさん
今の時期の森の中の散策は気持ちよいですね。ただ竹の子が採れる場所の足元はなかなかキツイです。
離せ!前に行くんだから・・引っ張らないでくれ という感じで進んで、つるやら竹やらかきわけているような場面も・・。

投稿: | 2009.05.17 15:00

新緑の季節ですね。
先日北海道で桜が咲いたと聞いた気がしたのですが
一気に春、初夏と進むのですね。

タケノコ、とれたては生でも食せると聞きました。
北海道はなんでもあってうらやましいです。

投稿: 陶片木 | 2009.05.17 19:18

>陶片木さん
桜が咲いたというのは、花咲じいさんじゃないですが、山中の冬枯れの木々に一斉に春が来るよという合図みたいなもので、一気に初夏に進むんです。
あのタケノコは生で食べたことはないですが、糠と一緒に茹でたりする必要はありません。アスパラガスだと思って調理してOKですよ。

投稿: | 2009.05.17 21:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4833/45037510

この記事へのトラックバック一覧です: 春の森:

« 根曲がり竹(姫竹)とサバの水煮の味噌汁 | トップページ | 蝦蛄(シャコ) »