« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

札幌市時計台に入ってみました。

Img_4957_2
札幌市時計台というのが正式名称です。1878年、130年前に出来た建物です。北大Img_4943の演武場Img_4946として建てられた建物は、市の図書館として利用された時期もあったようです(←写真は現在中に展示されているジオラマ)。今は貸し出ししていてライブも開かれる2階の写真Img_4950 珍しいアングルの写真Img_4953も。

続きを読む "札幌市時計台に入ってみました。"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

雪の結晶が見えた!

Img_5129Img_5127_2
雪印のマークのような形の薄い氷片がわかるでしょうか。崩れているものがほとんどですが雰囲気は伝わると思います。これは顕微鏡写真でもなければ、特殊な観測施設でもありません。普通のコンデジで街の中でとった写真です。しかも実は上の2枚は黒い手袋で積もっている上の部分をすっと掬い取ってそのまま撮影したものなんです。

続きを読む "雪の結晶が見えた!"

| | コメント (11) | トラックバック (0)

鮭のピリ辛南蛮漬け

Img_50842
冷凍にしていた新巻鮭で、あれを作ってみました。昨夜作ったのですが、一晩置いた今日のほうが美味しかったです。赤ピーマンのかわりの人参は軽く茹でました。玉ねぎは生ですが三杯酢になじんで美味しく食べることができました。

続きを読む "鮭のピリ辛南蛮漬け"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

冬らしい風景@台風並に発達した低気圧

Img_5067
全国放送でも取り上げられている北海道の悪天候。外れたかなと思ったら昼過ぎにやってきました。台風並ということは台風の時にふる雨が、雪になって降ってくるということで、雨は透明な液体、雪は白い固体ですからひどいです。
Img_50682
昼の三時ごろの写真です。こんな暗さでした。視界は50mくらいでしょうか。 桜島とか噴火で火山灰が降る時の暗さなんかにも通じるものがあるかもしれません。

続きを読む "冬らしい風景@台風並に発達した低気圧"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

速報!残念 石川遼 君2バーディも予選落ち。

Ryo01
10番からはじまって16番ボギー、5番ボギーの俗に言う我慢のゴルフ。6番7番でバーディを決めてらしさを見せて今日はイーブンパーでした。
二日目イーブンは丸山選手や今田選手よりよいのだから、PGAツアー初戦の予選は通過できなかったが十分に手ごたえ感じたのではないでしょうか。

続きを読む "速報!残念 石川遼 君2バーディも予選落ち。"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

七味唐がらし@七味家(修学旅行の清水寺)

Img_5041
京都の七味唐がらし、清水寺の山寧阪(三年阪)にある七味家さん の七味唐がらし、去年の12月にまさにその店で買ってきたそれを、最近何にでも振り掛けています。
山椒メインの独特の香りが素晴らしいこの七味唐がらしは三十数年ぶりで、東京で働いている次女の京都土産です。

続きを読む "七味唐がらし@七味家(修学旅行の清水寺)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

週刊 土井善晴のわが家で和食@デアゴスティーニ

Img_50361
1週分490円の雑誌、2週分に「基本用語集」がついて、更にバインダーもつけて特価の190円!!タカタ社長も真っ青の創刊号価格です。
週刊 土井善治のわが家で和食  DeAGOSTINI社の例のパターンです。まんまとはまって買ってしまいました。(^_^;)
Image01Image0
ほらね美味しそうでしょ。「鮭のピリ辛南蛮漬け」と「抹茶の蒸しパン」

続きを読む "週刊 土井善晴のわが家で和食@デアゴスティーニ"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

冬牡丹@三八菓舗

Img_5018
本州だと冬牡丹が咲く季節、北の国でもお茶の上生菓子は季節先取りで冬牡丹です。御製は「三八菓舗」 北海道札幌市です。(札幌タイムズスクエアで有名な「菓か舎」は同じ会社の別ブランドです。)

続きを読む "冬牡丹@三八菓舗"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「ダークナイト」は凄い映画でした。

Batmanfaceandcitywallpapers_9861_12
久しぶりにレンタルビデオ屋さんでDVDを借りてきて見たのですが、これがなかなか良かったんですよ。というかイメージしていたよりかなり深いものがあって、えぇ見た方はわかるでしょうし、見ていない方にはあまり話すわけにはいきません。ま時期外れの映画話ですが・・
悪いやつが出てきてバットマンがやっつけてめでたしめでたしという勧善懲悪の単純ストーリーではなかったとだけ中身については伝えておきましょう。

実は、昨日近所のリサイクルショップによったら新品レベルの美品でちゃんと箱もマニュアルもついたYAMAHAのTSS-15という5.1chシステムが6000円で売っていて、帰ってきて調べたら1世代前の製品(2005発売)ですが発売当初25,000円、去年の秋まで新品が16,000円で売っていたものとわかってこれは買いだと、買ってきてその効果を確認するために借りてきた映画だったので、思わぬ拾い物という感じ(音が良さそうな映画というのも微妙な基準ですが・・)。ただ正月帰っていた次女がまわりでお勧めの映画だとは言っていて、より深く味わうためには「バットマン ビギンズ」というのを見てからのほうがいい。という話もあったのですがいい映画なら、それ一本だけ見てもよい筈だし新しいほうが音はいいだろうと借りてきました。

続きを読む "「ダークナイト」は凄い映画でした。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

必死の撮影@テレビ塔外階段

Img_48971
およそ地上90m、下を歩いている人たちとの間にガラスはありません。かなり錆び付いた鉄条網がガードしているだけです。札幌テレビ塔の展望台から歩いて降りれる雪まつり中の特別解放。昨日行って来ました。
Img_48991
すぐに飛び降りることもできそうなチープな手すりのテラス。遠くの山の白い線は藻岩山ロープウェイです。

続きを読む "必死の撮影@テレビ塔外階段"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

一輪挿しのついたボンネットバス(薪バス)@雪まつり

Img_48531
Image01 中央バスという会社が雪まつりで特別運行したボンネット型の薪バスです。そういうイベントがあると知って今日が最終日なので見て乗ってきました。15年ほど昔にそのバス会社の創立50周年を記念して復元したものだそうです。イベント等で特別運行するのみという状況だそうです。ベースは左の写真。昭和二十年代には燃料が薪という薪バスというのはいなくなったようです。
ただこの運転席より前の客室外のフロント部にエンジンを設けた構造自体はボンネットバスと呼ばれて日本では1970年代まで地方や山間部で活躍していたそうです(欧米では今でもこの形のバスが多いようです)。

行き先を言うと切符を切ってくれて、ちゃんとお釣りをくれるバスの車掌さんは乗っていませんでしたが、路線バスって昔はそういう車掌さんがいたよなぁと想い出させてくれるディテールがあふれていました。

続きを読む "一輪挿しのついたボンネットバス(薪バス)@雪まつり"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

排雪 ビフォーアフター!

Img_4727
昨日の夜がこの状態で、今日の昼間排雪業者が来ていきました。

続きを読む "排雪 ビフォーアフター!"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

鼠小僧次郎吉、北に現る。

Img_47132
Img_47082何かが顔を出しています。野鳥がこぼしたひまわりの種がちらばっているあたりです。木とテーブルの足のところと二箇所からチョロチョロ顔を出していました(左の写真には何も写ってません)。お目当てはひまわりの種と思われるのですが、地下通路が出来ているのでしょうか。そもそも夏場はどこにいたのでしょう。

 

続きを読む "鼠小僧次郎吉、北に現る。"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

雪かき@積雪30cm

雪かき前
Img_4671_2 Img_4672_2

雪かき後
Img_4692_2 Img_4686_2
車庫のシャッターに雪かき前の積雪ラインが残っています。25~30cmの降雪でしょうか。幸いほぼパウダースノーの軽い雪だったのでそれほど大変ではなかったですが、それでも小一時間はかかります。

続きを読む "雪かき@積雪30cm"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

窓から野鳥(ツグミ、シメ、ヒヨドリ)

Img_4320
初顔の野鳥は調べたらツグミのようです。この日一日きりでした。名前は有名ですがはじめて見ました。雀がなぜかこなくなった餌場に最近は新しい常連さんが・・

続きを読む "窓から野鳥(ツグミ、シメ、ヒヨドリ)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第60回さっぽろ雪まつり@すすきの part2

Img_45721

Img_4594
バックがラーメン屋の看板というのがあれですが、プロの仕事はさすがです。
上は鳳凰、下は青龍、一流ホテルの大広間、セレブが集う宴で一夜の華と散るのがいつものパターンなのでしょうが、ここでは一週間このまま飾られます。今年はどうなるか微妙ですが多少丸く角がとれてもこのままあるというのがこの時期の北の国の寒さとも言える訳です。

続きを読む "第60回さっぽろ雪まつり@すすきの part2"

| | コメント (8) | トラックバック (1)

第60回さっぽろ雪まつり@すすきの(第29回すすきの氷の祭典)

Img_4567
鮭を捕らえた梟 大きなパーティなどで飾られる氷像を製作したりするプロの仕事です。大通り会場ではなくてすすきの会場。氷像だけが並びます。正確にはさっぽろ雪まつりと同時開催している すすきの観光協会主催の「第29回すすきの氷の祭典」というイベントのようです。

続きを読む "第60回さっぽろ雪まつり@すすきの(第29回すすきの氷の祭典)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

速報!第60回 さっぽろ雪まつり 開幕

Img_4397
Img_4406ずっと紹介してきたディズニーの雪像も完成。明日から開幕の さっぽろ雪まつりSapporo Snow Festival) です。 夢~Dreams~と題した説明もパチリと撮影してきました。(JAL)
大きさがつたわりにくいのが残念ですが、せめてそれぞれの写真をカチッとクリックしてみて出来立てほやほや一番美しい大雪像の雰囲気を味わってみてください。 

続きを読む "速報!第60回 さっぽろ雪まつり 開幕"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

福は内、鬼は外

Img_4333_2
京都の老舗 笹屋伊織の上生菓子 節分の特別品(京都から今日届いたそうで本日中におめしあがりくださいの一品)題して「福は内、鬼は外」おたふくは上品な甘さのおまんじゅう。赤鬼はしろ餡のねりきりでした。京都では福はおたふくなのでしょうか。

続きを読む "福は内、鬼は外"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

節分には殻つきの落花生を撒く

Graph20070123b えっ?大豆でしょ?と思う人も多いのでしょうけれど、所変われば品変わると諺にもあるように、北海道では豆まきをする家庭の90%以上の家庭で殻つきの落花生を撒いているようです。道産子としては、え?100%じゃないの?と思うくらいなんです。
この話題の元ネタは今朝の朝日新聞で、グラフはその新聞記事で引用していたアサヒビールお客様生活研究所が去年インターネットで行った全国アンケートの調査回答1876人分を集計したHPから転用したものです。両方撒く家庭もあるので青と赤足すと100を超えるようです。「まいた後も汚れず食べられるから」という合理的理由だったのではないかという北大の先生の解説も載っていましたが何かちょっと説得性に欠ける気はします。

続きを読む "節分には殻つきの落花生を撒く"

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »