« 14光 三浦祐太朗=三浦友和+山口百恵 | トップページ | 花畑牧場 生キャラメルクリーム »

北菓楼 生チョコレート 抹茶

Kitakaro_green_tea_chocolate
以前紹介した北菓楼の生キャラメル味の生チョコレート、HPでお取り寄せもできるようになったようです。
で、リニューアルされたHPには生チョコ、生キャラメル、ラムレーズン、いちごの4種類がネットショップで紹介されていたのですがそこにはまだ出ていない抹茶の生チョコを例によって札幌大丸デパートで入手。中まで同じ色です。緑色の生チョコレート。いい感じです。和魂洋才ここに極まれりの一品。上質なビターチョコレートのビターなカカオの代わりに抹茶が入れ替わって見事になじんでいます。柔らかな口当たりと、溶けていく滑らかな舌触り、生チョコレートならではの腰のある甘みに、抹茶の味が口の中に広がって香りが鼻腔へも溢れていきます。機会があればぜひ一度お試しください(笑)。

Hokkaido_akarennga_docho_2 さて、左の写真をクリックしてみてください。赤レンガ道庁にパウダースノーの新雪が降った朝の1枚です。
チョコレートに粉砂糖をかけたケーキのようにも見える風景だと思いませんか?写真を撮っている観光客は台湾か中国の方々。生まれて初めての雪景色に大喜びの状態です。

亜熱帯 東京よりも北の国にこそチョコレートは似合うように思います。ホワイトチョコが凄いブームになったのは1970年代、愛国から幸福行きの切符も話題になった頃。ふきのとうの絵のパッケージと共に北海道のブランドイメージを高めてくれた商品でした。

ROYSEの生チョコ、花畑牧場の生キャラメル、生ビール、生ウニ、あ、違います?(^_^;)
新鮮で美味しいものがいっぱいのイメージは、酪農が盛んで新鮮な牛乳、農業が盛んで美味しい小豆。生クリームや小豆餡、スイーツ王国への基盤は十分整っているわけで、美味しい北海道はこれから海産物、とうもろこしジャガイモから、よいどりみどりのスイーツもメインになって欲しいですねぇ。
本店巡り(Royceは石狩、morimotoは千歳、六花亭  柳月は帯広、壺屋は旭川、 北菓楼は砂川 千秋庵は札幌、LeTAOは小樽 石屋製菓は札幌でお城を持っています)でツアーができると思います。(あ、旅行会社にパクられるかも(^_^;)。)

|

« 14光 三浦祐太朗=三浦友和+山口百恵 | トップページ | 花畑牧場 生キャラメルクリーム »

菓子・スイーツ・果物」カテゴリの記事

コメント

いやはぁー 懐かしいと言っても 赤煉瓦の旧道廳庁舎だべ

札幌に立ち寄った時は 必ず 会いに行ったものでないかい

また なまら綺麗な写真だべさぁー 誇らしい気分だ

ありがとうござんした

投稿: Macdin | 2009.01.09 20:19

>Macdinさん
数年前の台風で池の周りの大きな木はほとんど倒れて切られてしまいましたが、本体は無事でした。ちょっと回り道なのですが時々寄って見てきます。四季折々素敵な建物ですよね。

投稿: | 2009.01.09 21:25

そうだべさぁー どうりで見通しがいいと思ったでないかい

ということは もう5〜6年 会いに行って無いということだべぁ

今年は 必ず 行くだべぇー 時計台も なまら懐かしいさぁー

投稿: Macdin | 2009.01.11 16:11

>Macdinさん
凄い台風は2004.09ですから、それ以前ということになるでしょうか。梅雨か不快指数の高い夏にこそ、ぜひ北海道へ(^_^)v

投稿: | 2009.01.11 23:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4833/43660306

この記事へのトラックバック一覧です: 北菓楼 生チョコレート 抹茶:

« 14光 三浦祐太朗=三浦友和+山口百恵 | トップページ | 花畑牧場 生キャラメルクリーム »