« 一日雪の翌朝(積雪32cm) | トップページ | 旬を食べる「真だち」(真鱈の白子) »

1月22日はカレーライスの日(給食でカレーライス食べた?)

※1982年は昭和57年でした。初回upはなぜか昭和52年と間違えた記事でしたが、修正しました。

なんだそうですね。えぇ、1月はJanuaryであたまのJaをいただいて、22はzzに見えなくもないというのでJazzの日なんていう語呂合わせにもなっていない無理やりの記念日にもなっているらしいんですが、それに比べればまだ由緒ただしいいわれがあるようなんですよ。

1982年昭和57年の出来事というから自分はもう社会人なので直接はその現場に立ち会っていないのですが、全国の小中学校の給食のメニューが全部カレーライスにした日があって、それが1982年1月22日。でカレー記念日という話なわけです。昭和49年生まれの小学校1年生から昭和41年生まれの中学3年生が食べたことになるわけで今年35~42歳のおじさんおばさんたちなら初めて給食でカレーライスが出た日を知っているのでしょう。

なんでそんなことになったのいかというと、これがまたそれなりに意味があるようで・・

決めたのは全国学校栄養士協議会というところで、学校給食開始35周年の記念で決めたらしいんですね。ということはですね昭和17年から学校給食が始まったということな訳です。いまや学校給食甲子園なるイベントまである当たり前の制度ですが、実はこの給食が全国津々浦々まで広がるのはかなりの時間を要したと思われます。

なぜかというと、小学校2年生(昭和39年1964)まで給食がなくて弁当を持っていった北海道の片田舎の男の子がここにいるからです(笑)。で、話を元に戻しますが今はあちこちでやられているようですが、学校給食試食会なるイベントが35周年記念行事のひとつで行われてそこにカレーライスが出て、給食にカレーライスもいいんじゃない?いっちょやってみますか?子供も大好きですし・・、どうせやるなら全国いっせいにやりましょうよ!なんていう風に話がとんとん拍子に進んだでしょうね。

さて、カレーライスなんですね。ライス!カレーシチューなら自分も知っていて給食のおかずの好きなメニューのひとつだったけれど、ご飯は給食にでた記憶がないんですねぇ。僕は。そもそも米飯給食はいつ始まったか。これがほぼ全国いっせいに昭和49年~51年あたりに始まったらしく、おしくも米飯給食を知らない最後の世代であるということがわかってしまいました。

給食でごはんをたべたことのないあなた! 私の仲間です(笑)

ほぼ全国で米飯給食が行われるようになって少したったタイミングだった訳で、このカレーライスの日は正確には 学校の給食でカレーライス の記念日な訳です。そうして43歳あたりにその記念日を懐かしく思える世代と知らない世代の境界線があることがわかったという訳です。

給食でカレー と言えば カレーシチューだというあなた! 私の仲間です(笑)

わくわく日記はカレーライスを愛してやまないので、カレーの記事はたくさんあります。洗い出したら8個ありました。それを紹介して「カレーライスの日」の記事を終えましょう。

 素材を工夫した自作のカレー
   しいたけがメインのカレー   筍がメインのカレー  キャベツがメインのカレー   夏野菜とスジ肉のカレー   冬至でカボチャと小豆のカレー

 外食のカレー
   北海道発 スープカレー   さすが北海道 鮭のカレー

 お土産カレー レトルトですが・・
  白いカレー   いかすみカレー ほたてカレー  かきカレー たらばかにカレー 流氷カレー   (記事内の写真をクリックするとわかります)
   

コネタマ参加中: もう一度食べたい給食のメニューは何?

|

« 一日雪の翌朝(積雪32cm) | トップページ | 旬を食べる「真だち」(真鱈の白子) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

あいやぁー そうでがんしたか おらぁ 小1の時から 1カップの脱脂粉乳とコッペパン1個が給食だったべぁ 脱脂粉乳はなぜか薄いコーヒー色してて 底の方になると焦茶色のカスが残って 不味かった記憶ださ
コッペパンは特に 先っちょのとんがったところが カリカリして
美味しかった 子供心にも あまりの美味しさに 半分残して 
家に持って帰って 母さんに あげた記憶があるでないかい 因みに
ご飯食の給食の 記憶はないだべぇー  deliciousshine

投稿: Macdin | 2009.01.23 01:11

1982年昭和52年の出来事かぁ……
惑さんは当時、大学生?
僕はまだ小学生だったから、よく覚えてないなぁ。

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2009.01.23 07:32

>給食でごはんをたべたことのないあなた!
はい!

脱脂粉乳だったし・・・。私もあの薄茶色の生ぬるい脱脂粉乳が嫌で嫌で・・・。

投稿: 桜桃 | 2009.01.23 14:15

カレーシチュー、ありましたねぇ。高学年になって、カレーシチューにうどんを入れて食べた記憶があります。ビニールの袋に入った細うどん。

脱脂粉乳ももちろん飲みました。薄いコーヒー色のはコーヒー入り脱脂粉乳ではないかしら? たまにスペシャルメニュー(?)として出たもの。いつもはただの白い脱脂粉乳でした。

パンはふだんは食パン。学校を休むと近所のクラスメートがわら半紙に包んで持ってきてくれました。まだ貧しい時代でしたからね。揚げパンの時に休むと、わら半紙に油が染み出てたいへんでした(^^;)。

投稿: Tompei | 2009.01.23 21:18

あっはっは~~
皆さんほぼ同じ仲間ですね~
私だけ仲間はずれかと思ったら、おんなじでホッとしました。
カレーシチュー、カレーうどん、ミートソース麺(うどん)
懐かしいわぁ~~

投稿: hicha | 2009.01.23 21:35

脱脂粉乳というものを飲んだ記憶がありません。牛乳瓶の牛乳が給食で配られていました。やがて三角のパックになって中学を卒業しました。

脱脂粉乳から牛乳に給食の飲み物が変わっていったのは昭和39年からなんだそうです。給食が始まったのは遅かったけれどいきなり牛乳で始まった給食だったのかもしれません。

>Macdinさん
コッペパンの甘さ、懐かしいですね。たしかに給食はわくわくな時間でしたね

>ピーちゃんの身元引受人さん
はい間違えてしまいました。脱脂粉乳の経験もしっかり押さえられているんですよね~

>桜桃さん
脱脂粉乳については、別途調査報告をしたいと思います。アラ粉乳世代というのがあるかも知れません。(^_^;)

>Tompeiさん
薄茶色の藁半紙・・ガリ版の匂い。懐かしいですねぇ。揚げパンも実はウィークポイントなんです。食べたことがない・・。これは田舎ゆえだと思いますが給食のカレーうどんは初耳(^。^)

>hichaさん
ミトソース麺、知らないですねぇ。まぁごく一部を除けば、わくわく日記の常連さんは類は友を呼ぶ状態になっていますので・・(^_^;) もう少しマニアックに絞り込まないと真実は見えてこないかもしれませんね。

投稿: | 2009.01.23 23:56

脱脂粉乳は知らないぶんぶんです。へへへ

>今年35~42歳のおじさんおばさんたちなら初めて給食でカレーライスが出た日を知っているのでしょう。

そうそう、悔しいけど、私もライスを知らないのです。

メニューとしては鯨肉の竜田揚げが好きだったかな~。

あと毎日ついてくる肝油ドロップが好きでした。あれって今はもうつかないんですね。

投稿: ぶんぶん | 2009.01.24 07:58

>ぶんぶんさん
関東育ちでも脱脂粉乳を知らない若手登場ですね(^。^)
給食のカレーといえばごはんのカレーライスが日本の常識のようです。お子さんと世代ギャップを確認してみるのも一興かもしれませんよ。
鯨肉は昭和40年頃、100g30円(豚100g90円鶏70円)と格安だったことが給食に使われていた要因のようです。懐かしいです。肝油ってありましたねぇ、あれも鯨ですから今は高級品なのかもしれません。

投稿: | 2009.01.24 09:46

学校給食は小学校だけでした。
皆さんもそうですよね? 
中学では構内のパン屋さんで買っていたような。
小学校の給食は記憶が遠いのですが・・・
テトラパックの牛乳。たしか。。
肝油は別に買うのだったかしら。。え?あれも鯨だったのですか?(軽い衝撃)
鯨の竜田揚げ、美味しかったですよねぇ。
私も、ご飯の記憶は・・・ないです。
私は小学校7回転校していますので、記憶がごちゃごちゃになっちゃうんですよねぇ。
でも一応、全校、関東です♪

投稿: ぺがさす | 2009.01.24 20:29

>ぺがさすさん
法律では義務教育の間は給食を推奨していて、関東、関西の都市部以外は実はかなりの比率で中学まで給食なんですよ。平均では公立中学校の給食実施率は80%だそうです。
小学校7回は大変ですねぇ。コメントありがとうでした。

投稿: | 2009.01.24 22:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4833/43825867

この記事へのトラックバック一覧です: 1月22日はカレーライスの日(給食でカレーライス食べた?) :

« 一日雪の翌朝(積雪32cm) | トップページ | 旬を食べる「真だち」(真鱈の白子) »