« 今日のgoogle081214(0系新幹線 さよなら運転) | トップページ | 北の花折々(ポインセチア@六花亭)081215 »

新巻鮭で「北の幸鍋」

Img_3489
オホーツクの実家から「新巻鮭」が届いた。焼いて食べても甘塩で美味しいのですが、料理のバリエーションを増やすためには塩抜きして使うパターンを試してみました。
一時間塩抜きして使ってみた鍋が上の写真。いわゆる寄せ鍋のひとつですが、名づけて「北の幸(きたのさち)鍋」

Img_3466
送られて来た新巻鮭
Img_3470Img_3472_2
3枚におろして、皮をはいで、アラもぶつぎりにして塩抜き(1時間)。さてベースは昆布だし+帆立だしです。高価な貝柱ではなく500g 198円の「ほたて稚貝」これが実に甘いいいだしが出るんです。開いて少し煮立てたところで、殻はとってしまいました。
鮭の塩がどのくらいでるかわからなかったのでみりんと醤油で薄めに味をつけてベースできあがり。下の写真は水を切った鮭と白菜とネギをいれてこれから煮込むところす。
Img_3478
おおよそ材料が煮えてから最後にタチをいれて火が通ればできあがり。ほとんど塩は抜けていて、おろししょうが、ゴマ、ポン酢、適宜とりわけた皿にくわえて美味しく頂きました。

ところで鮭でどこが美味しいかといって、皮に勝る旨さはないでしょう。甘塩の脂がのった新巻鮭の皮などは絶品です。時に残す人がいますがなんともったいないことでしょう。
鍋とは別に、そのまま味見で焼いた鮭の皮の写真を(笑)
Img_3492 Img_34941

| |

« 今日のgoogle081214(0系新幹線 さよなら運転) | トップページ | 北の花折々(ポインセチア@六花亭)081215 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

我が家のお子も皮大好きです。
ついでに・・。ホッケの骨の周りの身も
しゃぶりつくします(^^;;A
でもでも・・
すみませんm(__)m
σ(^^;;は皮は苦手です。

投稿: 堕天使 | 2008.12.14 22:59

すごいっ。
おいしそうで、ヨダレが出てしまいます。

ところで惑さんの実家、オホーツクなんですか。
驚いたな、僕もなんですよ。

なんて、ウソーツク。(=^^=)

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2008.12.15 06:20

「北の幸鍋」!
ホタテの稚貝もタツ(八戸ではハツともいいます)も
手に入る材料です。
冷え込む今夜はこの鍋にしよう!
いつもおいしい情報満載で、お世話になることしょっちゅうです(笑)。
先日は北菓楼の「開拓おかき 増毛の甘海老」を注文しました。
おいしかった!

投稿: ポッチ~ | 2008.12.15 15:51

数年前、お歳暮にこういう新巻鮭が送られてきて、途方にくれました。出刃包丁はないし、あったっておろせないもので……(^^;)。結局、近所のスーパーに泣きついて、おろしていただきました。

そういえば、築地のせり見学、中止になっちゃったようですね。

投稿: Tompei | 2008.12.15 17:14

>堕天使さん
ホッケの開きの、かぱっと外した骨についている周りの身ですね(笑)道産子DNAを持っている男の子はあれをしゃぶらなくてはいけません。あっぱれ!をあげておきましょう。

>ピーちゃんの身元引受人さん
実家がオホーツクなのは、鮭かあざらしか帆立です。正しくはオホーツク沿岸のcityです(いちおう市なので)。で、Okhotsk (オホーツク ロシア語)で英語読みでオコックと呼んだりもします。 ためになるねぇ
ウソーツク


投稿: | 2008.12.15 23:15

>ポッチーさん
ホタテの稚貝は一番合うのはやっぱり味噌汁かもしれませんが、これもなかなかいけました。旨甘いだしと小粒ながらしっかりほたての実も楽しめる稚貝は、地元以外ではお店に並ばないようですよ。旬の産地の味ですね。え?開拓おかきも! お役に立てて嬉しいです。あ、おろし生姜がお勧めですよ。

>Tompeiさん
実はこの新巻鮭は冷凍で届きました。冷凍食品も切れるのこぎりみたいな刃がついた包丁も使ってさばきました。魚とはいえこのぐらいの大きさになると海版シビエともいう様相を呈してますからねぇ。まぐろなんかは男二人がかりですから。最近は切り身になった状態で真空パックされた新巻鮭もあるようです(^_^;)。

投稿: | 2008.12.16 00:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新巻鮭で「北の幸鍋」:

« 今日のgoogle081214(0系新幹線 さよなら運転) | トップページ | 北の花折々(ポインセチア@六花亭)081215 »