« 秋の実@北の国 | トップページ | 満月 »

旬を食べる(イカとサンマ)

Img_1057
圧力鍋を使ったサンマの甘露煮。骨まで柔らかく食べられました。お弁当記事が楽しい堕天使さんのこの記事にインスパイアされて初めての挑戦、大成功。

Img_1051
こちらはイカのゲソのピリ辛ゴロ和え、本当は一晩置くと味が染みて絶品ですが、すぐ食べる鮮度の良さもまたいけるんです。クイッと秋の夜のお酒が進みます。
Img_10481Img_10421_2Img_1043_2
お約束の刺身と、材料も載せておきます。近所の生鮮食料品が安いジョイフルAKというお店で買ってきたゴロが生で食べられれる新鮮なイカは5杯で398円、刺身にもできるサンマは1匹48円。イカに旬なんかあるかなぁと思ったのですが、全国漁業共同組合連合会が鮭、鯖と一緒に秋の旬の魚と定義していますから間違いないでしょう。
最近は少なくなったようですが、自分の幼い頃、オホーツクの海辺の町では、普通の家でもイカを箱で買って、自家製のスルメを作っていました。空気が乾燥して、朝晩はひんやりする秋の風物詩でした。そういう意味でイカは個人的にもやっぱり旬は秋です。
刺身と、煮たのを紹介しましたが、さんまは内臓もそのままの脂がジュージュー言う塩焼きのその皮が一番美味しいかなと思います。
イカはもうちょっと鮮度の良い、透明なコリコリしたいかソーメンか柔らかく煮て旨みしっかりのイカ飯でしょうか。

最近 さんまの刺身を作ったブロガーさん
チューチューマウスの回覧板  ikeさん さんまの刺身
団塊の食卓こんなん食べました utaさん さんまのお刺身とイカ

最近イカのゴロが入った塩辛を作ったブロガーさん
Be Ambitious Laniさん 我が家の味
 (この作り方は、ちょっと美味しそうです。)

| |

« 秋の実@北の国 | トップページ | 満月 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントありがとうございました。
ぴり辛コ゜ロ和え、とは一体どんなものなのでしょうか、是非ご教示くださいませ♪

投稿: uta | 2008.09.14 09:29

>utaさん
ご訪問ありがとうございます。
ピリ辛ゴロ和えは、刺身用イカのゲソにゴロ(イカのわた)と醤油と市販のキムチの元を混ぜたものとあえるという単純なものなんですよ。

投稿: | 2008.09.14 09:36

名づけて「惑風サンマの生姜煮」とでも(笑)。
照り具合といい、生姜の量といい、美味しそうなのが
ひと目でわかります。
イカのピリ辛ゴロ和えは肝を使って、でしょうか?
秋の夜のお酒がまたすすみそう・・・。

投稿: ポッチ~ | 2008.09.15 14:11

>ポッチ~さん
「惑風」という程のオリジナリティはないのですが、美味しかったですよ。はい、ゴロという呼び方は北海道だけなのかもしれませんね。いい味でした。(^。^)

投稿: | 2008.09.15 23:38

σ(^^)のよりずっと美味しそうです(@^Q^@)
イカゲゾもお酒が進みそうな一品ですなぁ~

投稿: 堕天使 | 2008.09.16 23:38

>堕天使さん
まぁ自分の料理は、たまに趣味でやるだけなので、毎日の主婦の皆さんには頭が下がります。ましてや毎日のお弁当となると・・。まぁどうせやるなら楽しんでという堕天使さんのスタンスはあっぱれ!だと思いますよ。(^。^)

投稿: | 2008.09.17 12:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旬を食べる(イカとサンマ):

« 秋の実@北の国 | トップページ | 満月 »