« YOSAKOI ソーラン 2008 旭川 北の大地 | トップページ | 北の花折々(バラ)080610 »

YOSAKOI ソーラン2008 新琴似天舞龍神の美しさ

Img_7672
昨日の午後、Yosakoi最後の演舞鑑賞で新琴似会場にいました。新琴似天舞龍神の本拠地です。会場で応援お願いしますともらった小旗とパンフレットが上の写真。小さいカードはJRと地下鉄に乗り放題の一日券(1000円)。新琴似天舞龍神ファンとしてはチームの名前入りメンバー写真が載っているこれをもらっただけでもかなり満足なのですが、地元でのパレードもしっかり見て来ました。今年は準大賞でしたが堂々たる成績だと思います。
新琴似天舞龍神の魅力を日曜日の写真で紹介したいと思います。
(1ファンの入れこみ記事ではあります(笑))

Img_76121
この立ち姿。白い足袋が大地にパンと張り付いています。編み笠を深くかぶってすっと立っている姿、赤い裾よけが小粋です。こういう姿を「凛としている」というのでしょう。新琴似天舞龍神のこの姿は自分にとっては一番好きな姿です。

Img_7152
出待ち。上側真ん中の眼鏡の男性が斉藤代表で、優しい笑顔で皆に声を掛けています。
じゃなくて(笑)このうなじの色香。フレッシュな色香、円熟の色香。日本の美を伝える真骨頂ではないでしょうか。ちなみに美人親娘が映っています。

Img_74581
大通りパレードコースに立てた旗というか幕というか。そのものの美しさではなく、演舞の決めの最後のタイミングでこの幕は一気に立ち上がります。そのタイミング、その素早さがチームワークと練習のたまもので、思わず歓声があがる美しさです。そういうスタッフの支えはどこのチームにもあるのだと思いますが、最高レベルのチームはスタッフもまた最高レベルなのだと思います。

Img_7589
新琴似会場 沿道には「龍」の小旗を持った人達がのんびりビールなんか飲みながら他のチームの演舞をみながらyosakoiデイを楽しんでいます。XXちゃ~んのかけ声にメンバーが手を振ったりしています。こんな地元の人達に支えられているチームの姿こそが最大の魅力なのかも知れません。


2008.07追記
新琴似天舞龍神が初めて大賞をとった年に、偶然に新琴似まで行って見ていたのがきっかけでファンになりました。2006,2007は北の国にいなくて、今年は3年ぶりのYosakoiソーランでした。以下に関連記事のLINKをまとめてみました。

2004
YOSAKOIソーラン
Yosakoiソーラン 天舞龍神
Yosakoiソーラン 天舞龍神2

2005
第14回 YOSAKOIソーラン祭り(ポスター)
第14回 YOSAKOIソーラン祭り0610
yosakoiソーラン
新琴似天舞龍神
新琴似天舞龍神 その2
新琴似天舞龍神 その3
新琴似天舞龍神 その4
祝 連覇 新琴似天舞龍神!

2006
新琴似天舞龍神@YOSAKOIソーラン2006

2007
Yosakoiソーラン2007(新琴似天舞龍神)
平岸天神の太鼓

2008
YOSAKOI2008 メインステージ
Yosakoiソーラン 開幕1(新琴似天舞龍神 発進)
新琴似天舞龍神 2008 スケジュール
Yosakoi ソーラン2008 平岸天神
Yosakoiソーラン2008 可愛い踊り子たち
平岸天神 Yosakoiソーラン 2008 大賞おめでとう!
YOSAKOI ソーラン 2008 旭川 北の大地  

|

« YOSAKOI ソーラン 2008 旭川 北の大地 | トップページ | 北の花折々(バラ)080610 »

YOSAKOIソーラン」カテゴリの記事

コメント

突然なんですが、この記事を見て、天舞龍神の小旗とパンフレットがほしいのですが~

投稿: 佐々木 勝斗 | 2008.06.21 21:49

>佐々木さん
初めまして、訪問ありがとうございます。
あの小旗は今年つかっていたあの大きなやつ(この記事の4枚目の写真)と同じ文字を小旗にしているもので 2008 SHNKOTONI TENBU RYUJIN という文字も一緒に印刷されています。自分はわざわざ新琴似会場まで出かけてしまいましたが、基本的に新琴似会場にいる人はほとんどの人が直接、間接にチームがお世話になっている地元の人達だからということで「新琴似会場」で「YOSAKOIソーラン祭り新琴似実行委員会」の方々により準備配布されていたものだと思います。小旗の竿はカレンダーのような厚紙をこよりのように一本一本丸めた手作りでした。
「ほしいのですが~」と言われてもお答えのしようがありません。一つは自分は配布した側ではなく通りすがりに受け取った側なので先の話くらいしかお伝えできないということ。もう一つは他人に何かを尋ねたり依頼するときにはそれなりにきちんと内容を伝えないと伝わらないし、そういう場合のマナーというものもあるのではないでしょうか。ご希望にそえず残念です。札幌市内または近郊の方でしょうか?来年は新琴似会場にも足を運んでみてください。また何か良いことがあるかも知れません。

投稿: | 2008.06.22 02:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4833/41484136

この記事へのトラックバック一覧です: YOSAKOI ソーラン2008 新琴似天舞龍神の美しさ:

« YOSAKOI ソーラン 2008 旭川 北の大地 | トップページ | 北の花折々(バラ)080610 »