« ホワイトマントラ@花フェスタ2008 | トップページ | 何かが写っています。 »

60年振り(?)の開花!!アオノリュウゼツラン@北大植物園

Img_81026
アオノリュウゼツラン(青の龍舌蘭)でピンと来る人は少ないと思いますが、ガラスの屋根の温室(北大植物園の温室)から何かが飛び出しているのがわかるでしょうか。一度見たかったアオノリュウゼツラン(テキーラの原料になる植物)の花を北の大地で見ることができました。
Aroe_2  左の写真は、東京の浜離宮で撮影(2004.04)したもので、まだアオノリュウゼツランを知らなかった自分は大きなアロエだなぁと思ったものです。その時の記事はこちら
おそらく生きている間に二度と見ることはない一ヶ月以内に枯れる巨大な「草(木じゃないんです)の花」を今日は偶然に間近で見ることが出来ました。

(小さな写真はクリックすると大きく見れます)
花フェスタが開催されている大通り公園から北へ5分も歩くと赤レンガで有名な北海道庁の西側に通称「北大植物園」がありますImg_80531Img_8054 。 入り口には今日咲いている花の情報Img_8057 が出ています。そこに写真もなくアオノリュウゼツランと文字だけ書き加えてあります。えっ?なんだっけ?(すぐには出てきません・・)まさか・・あれかぁ?!400円の入場料を払ってImg_8058Img_8059 場内へ。入るとこんな雰囲気Phokudai001 です。今日はまっすぐ左方向へ。色んな針葉樹Pphokudai07が植えてあるゾーンを抜けると温室Img_8068 が見えてきます。基本的に花一杯の季節なので温室前の花壇にも紫蘭Img_8076Img_8069_2 Img_8071が満開でした。温室に入ればそれらしい花Img_8079 Img_8082 Img_8081 やお約束のバナナImg_8080もあるのですが、アオノリュウゼツランはなかなか見当たらず、奥のほうにありましたImg_8085 。あの巨大アロエのような葉を発見。普通に見ると茎しか見えず、その写真もあればよかったのですが、なんとか全体を撮ろうと、入り口で床にカメラを置いて見上げるように撮った写真Img_8087 で全体の雰囲気がわかるでしょうか? ここは久しぶりの巨大パノラマで臨場感を伝えなければと撮った写真はこれPhokuda0021_2  です。真ん中のマストと呼ばれる茎は花が咲くにあたってにょきにょきと伸びたものです。巨大なアスパラのような模様が草であることを教えてくれます。花をアップにするとこんなですImg_8099。甘い香りがするらしいのですが数mは離れているのでよくわかりませんでした。実は記事先頭の写真はこの後、屋根から出ている部分はどうなっていると外に回って撮った写真です。一般観覧者立入禁止区域にあるためこんな風にしか見えませんImg_8102。カメラでぐぐっと寄ってImg_81026_2こんな感じImg_81033です。これを温室の内側からみるとこうSta_80901なってます。空けた穴より広い幅に育っていてImg_81031まだまだ大きくなりそうなので(伸び始めの時期は1日で10cm成長するんだそうです。)、最後枯れたときの回収も大変そうです。帰りに植物園の方に何年振りの開花なんですか?と尋ねると受付にたまたまいた職員の男性が開口一番「60年!」とニコニコ答えてくれました。受付の女性がちょっと待ってくださいと中に電話で問い合わせてくださった回答は「10年ぶりくらい」という回答でした。暖かい地方だと5~6年置きに咲く地域もあるようなので北の大地でも温室だとそういうことなのかもしれませんが違う株が咲いてからという話かもしれません。それでも10年ぶり。
決して凄くきれいな花というものではないですが、札幌近郊にお住まいで、機会があれば広い植物園はとってもいい場所Img_8104 Img_6347 なのでぜひ10年に一度の開花を自分の目でご覧になって、その後はのんびり散策はいかがでしょうか。
ちなみに英名はCentury Plant 100年に一度の植物という名前だそうです。花が咲き終わると枯れるというのも興味深いです。機会があったら続報したいと思います。

関連LINK:
 北大植物園のHP
 奈良教育大学の龍舌蘭観察日記HP
 新宿御苑のHP
 浜離宮で咲いたときの様子
    

|

« ホワイトマントラ@花フェスタ2008 | トップページ | 何かが写っています。 »

ニュース」カテゴリの記事

北の花折々」カテゴリの記事

コメント

惑さん、はじめまして。
私の拙いブログにコメントをいただき、ありがとうございました。
【わくわく日記】さんはとても素敵なブログですね。
早速、アオノリュウゼツランのお花を拝見させていただきました。これほど大きなお花をカメラに収めるのはとても難しいことだと思います。温室の外からのお写真のおかげでアオノリュウゼツランのスケールの大きさがよりくわしくわかりました。貴重なお写真をありがとうございました。

投稿: きたあかり | 2008.06.28 19:43

>きたあかりさん
訪問ありがとうございます。ようこそです。パノラマの大きな写真は何枚かの写真を合成したものなんです。見上げる感じが伝わったでしょうか。他のLINKなどもみられるとこの不思議な植物にもう少し詳しくなれるかもしれません。お時間があったらどうぞ。

投稿: | 2008.06.28 22:36

私のブログにご訪問くださいましてありがとうございました。
アオノリュウゼツランの事は全く知らなかったのですが、
俄然興味がわいてきました。
こんなに大きく成長するなんて…!
最近、植物園に行っても温室には行って無かったので、
次回足を運ぶ際は、是非観て、写真におさめようと思います♪
ありがとうございました。

投稿: シェリートパーズ | 2008.06.28 22:53

>シェリートパーズさん
訪問、コメントありがとうございます。興味を持っていただければお知らせした甲斐があったというものです。狭い地味な温室ですがさすがになかなかの品揃えで、なかでもこのアオノリュウゼツランはわかりにく場所にあるのでご注意ください。

投稿: | 2008.06.28 23:42

こんばんは。
ご訪問ありがとうございました。
すごいことになっていますね。\(◎o◎)/
私はここに訪問した時にアオノリュウゼツランを初めて見て
その大きさに感動したのですが何も知らなくて花茎など全く気づいていませんでした。
もったいないことをしました。
花が咲き終わると枯れるということなのですが
このみごとな株?そのものが枯れてしまうのでしょうか。
機会があれば是非、直に見てみたいのですが花のあるうちにいけるかどうか・・・。
いいものを見させて頂きました。
また遊びに来させて下さい。

投稿: ぽてton | 2008.06.30 20:45

>ぽてtonさん
お運びありがとうございます。ようこそわくわく日記へ(笑)。あの巨大アロエのような葉も枯れてしまうそうです。それから花はどんどん上で咲くので双眼鏡を持っていかないと見えないかもしれません。どこまで成長するのかも楽しみですよね。まだ1,2mは伸びるような気がします。またお花いっぱいのぶろぐにもお邪魔させてもらいます。

投稿: | 2008.07.01 00:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4833/41668692

この記事へのトラックバック一覧です: 60年振り(?)の開花!!アオノリュウゼツラン@北大植物園:

« ホワイトマントラ@花フェスタ2008 | トップページ | 何かが写っています。 »