« 何かが写っています。 | トップページ | レイモン・ルフェーブル と なごみーず »

北の花折々(シロツメクサ・他@我家)20080629

Img_8146
シロツメクサ(白詰め草)(クローバー clover) これだけアップにするとマメ科らしい形の小さな花の集合体で、それなりに美しさも感じますが、あのシロツメクサです。
雑草というよりは牧草のイメージが自分には強い植物です。原産地ヨーロッパのこの植物が北の国にも沢山あるのは酪農と無縁ではありません。原生花園、原生林みたいな場所では見たことがない一方で見渡す限り一面のシロツメクサという風景もみながら育ってきています。
「詰め草」という名前の由来は江戸時代オランダからガラス製品などを運んできたときに緩衝材として乾燥させたクローバーが入っていて、そこから詰め草の名がついたようです。乾燥した詰め草には種も含まれていて江戸時代になって日本人は初めてクローバーを見たわけで、セイタカアワダチソウと同じく外来種な訳です。

で、冒頭の写真は酪農はやっていない我が家の庭にも蔓延しているクローバですが、時々ウサギのコタロウ(我が家のペット)の餌になったりしてはいます。四葉のクローバはないかと少し探してはみたのですが、3分ほどの間には見つかりませんでした(笑)

もうひとつヨーロッパからの雑草、コウリンタンポポ(紅輪蒲公英)北の国では時々群生していたりしますが、遠くからも目立ちます。右の白いのはポピュラーなヒメジョオン(姫女苑)。2cm足らずの小さな花もこんな美しく繊細な造形をしています。どちらも我が家の庭にニョキッと生えていたのを撮影。雑草ばかりはえている印象ですが(事実です)可愛く咲いている園芸種も紹介しておきます。雑草はわかっていて、この名前がわからないといういい加減さですが、良い天気の日曜日でした。
Img_8139 Img_8134_2
Img_8126
さて、ついでにもうひとつ庭(畑?)の植物を。ガーデンレタス・ミックスという種を撒いて一か月を過ぎてベビーリーフサラダになって食卓に登場しています。園芸センスのある人に買われていれば大通り公園にデビューできていたかもしれないレタスたちです。
Img_8120

|

« 何かが写っています。 | トップページ | レイモン・ルフェーブル と なごみーず »

北の花折々」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。

ああ、本当に豆の花に似てますね、大きくしてみると。
詰め物にされていた・・・江戸時代にね、勉強になりました。

投稿: ドロシー | 2008.06.29 18:49

>ドロシーさん
実は何の根拠もなくず~っと「爪草」だと思っていて、今日記事を書くにあたってちょっと調べたらそういうことだったんです。同じ形の「アカツメクサ」は蜜を吸った思い出があって花の構造は知っていたんですけどね。コメントありがとうでした。

投稿: | 2008.06.29 21:23

惑さん、こんにちは。
このクローバーは本当に素敵ですね。
今日から私のクローバーを見る目が変わると思います。
それからコウリンタンポポですが、
ずっと名前がわからなくて気にかかっていました。
惑さんのおかげで疑問が解けてすっきりしました。
ありがとうございました。

投稿: きたあかり | 2008.06.30 14:57

ピンクのお花、ナデシコの一種のように見えますね。
とっても可愛いわ。

ハルジョオンは、子供の頃、両親が「貧乏草」と呼んでいました。
これを生やしておくようでは家が貧乏になる、ということらしいです。
なので、見つけるとすぐに引っこ抜きます。可愛いんですけどね。

投稿: hicha | 2008.06.30 21:40

>きたあかりさん
小さな花は良く観ると可愛いものってありますよね。偶然うまく撮れました。紅輪タンポポはあちこち群生しているのは北海道だけらしく内地ではあまりポピュラーな雑草ではないようですよ。群生しているとちょっと見事ですよね。花の名前は本当に難しいですね。名前を書く以上は間違えたくはないので結構苦労します。じつは「絵筆菊」という別名があると書いてあるHPもあったのですが、一般的には別にそう呼ばれている花はあるようなのでやめたという経緯があったりします。コメントありがとうでした。

>hichaさん
>「貧乏草」 !!(>_<) 夏のボーナス厳しかったんですよ・・。写真なんか撮っていないで抜いていれば良かったです。(^_^;) ナデシコ系の花だとは思うんですけどね、赤い線と、小さな白い班がはいっていて青いおしべというなかなかのお洒落さんな花で可愛いですよ。

投稿: | 2008.07.01 00:10

惑さん、おはようございます。

>「詰め草」という名前の由来は江戸時代オランダからガラス製品などを運んできたときに緩衝材として乾燥させたクローバーが入っていて、そこから詰め草の名がついたようです。

へぇ~~、そうなんですか!勉強になります。
江戸検に出たらばっちり♪

>ハルジョオンは、子供の頃、両親が「貧乏草」と呼んでいました。

これまた知らなかったです~~。
好きな花なので、私のブログのアドレスにharujionってつけたんです。
どうりでお金が貯まらないわけだ^^;
どうか私のブログ、引っこ抜かないでくださいね(爆)

投稿: ぶんぶん | 2008.07.01 07:28

>ぶんぶんさん
はいお勉強は大事ですよね。脳の皺だけは細かく深いほうがいいらしいですしね。harujionは大変な事実が発覚しましたねぇ(^_^;)。でもクリックしてもういちどゆっくり観てください。繊細でとても素敵な花ですよね。

投稿: | 2008.07.01 21:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4833/41682774

この記事へのトラックバック一覧です: 北の花折々(シロツメクサ・他@我家)20080629:

« 何かが写っています。 | トップページ | レイモン・ルフェーブル と なごみーず »