« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

北の花折々(チューリップ)080430

北の花折々(チューリップ)080430
やっと満開です。明日から五月バタバタ戻って、ちょっと余裕のあった温かな四月でした。 モブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北の桜@北海道神宮

Img_5130Img_5097
春紅葉の円山を後ろに北海道神宮のエゾヤマザクラの参道です。

続きを読む "北の桜@北海道神宮"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

北の花折々(ハルモミジ 春紅葉)20080428

Img_52521
札幌市、円山公園(坂下球場)での春紅葉。梅と桜が一緒に咲いている情報を仕入れて仕事帰りにわざわざ向かったのですが、梅より桜よりこの1枚が今日のお気に入り。芝生の緑に山桜、新緑の淡い緑の数々、赤い若葉の木々、黄色い若葉の木々。松の深い緑 。クリックして北の国の春紅葉を堪能ください。また、俳句の季語ではこの状態を「山笑う」と言うようです。

カメラ持つブログおやじに山笑う 惑

続きを読む "北の花折々(ハルモミジ 春紅葉)20080428"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

熱帯魚5(ブルージャイアンの艶姿)

Img_5266 Img_5281
光のあたり具合で違うのですが側面からあたると右側のような艶姿になるブルーテトラのブルージャイアンです。少しずつ協調性が出てきたようです。

続きを読む "熱帯魚5(ブルージャイアンの艶姿)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

熱帯魚4(二代目海老蔵)

Img_5074
初代に比べると倍以上の大きさのヤマトヌマエビの二代目海老蔵。別のショップで購入。

続きを読む "熱帯魚4(二代目海老蔵)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

熱帯魚3(訃報)

Img_5012
やや暗くて動く被写体というのはとても難しく、なんとかこんな感じです。ところがこの写真の左下・・白い動かぬ物体が。

続きを読む "熱帯魚3(訃報)"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

冬の後片付け@堆雪場

Img_48041 Img_4805
積もっていた雪がなくなると、横断歩道のライン引きをはじめとして、いろんな土木工事が始まります。上の2枚の写真も一見するとそんな土木工事の風景に見えるのですが、クリックしてよ~くみると、掘り返している土が白いのがわかると思います。

続きを読む "冬の後片付け@堆雪場"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

熱帯魚2(魚購入)

Img_4919
35cm×13cm×20cm(高さ)というミニ水槽。店員さんのお勧めだと4匹というのをそれでは寂しいので6+1購入しました。今日の写真はちゃんと写っています(ぼけていますが・・)。

続きを読む "熱帯魚2(魚購入)"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

北の桜@札幌 時計台

Img_4738a
桜越しに映える超有名スポットが抜けていました。

続きを読む "北の桜@札幌 時計台"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

北の桜@北大

Img_4645数日続いていた初夏並のの陽気が、今日は雨は降る、風は吹く寒い日でした。続いた陽気で一気に満開の様相を呈している札幌市内の桜ですが今朝は早く出て雨が古前に北大の構内で撮影。緑に山桜が映えます。
こういう背景の桜は東京都内では難しいかもしれません。

続きを読む "北の桜@北大"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北の桜@大通公園暮色

Img_4573
午後 6:12を表示している札幌テレビ塔。大通り公園も満開です。

続きを読む "北の桜@大通公園暮色"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北の桜@北海道庁(道庁)

Img_4513
オオヤマザクラ 別名 エゾ山桜。本州中部以北にあり、特に北海道に多い桜。いつもならGW頃ですから2週間くらい早い満開状態。北の桜まずは本陣、札幌は北海道庁から。
Img_45511
赤い若葉と一緒に桜色の花が咲きます。北の国で育った自分にはこれが「桜」の基本でした。柳の新緑も柔らかく北の春、到来です。

続きを読む "北の桜@北海道庁(道庁)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

熱帯魚

Img_4476
もう20年近い昔に一度飼っていたことがある熱帯魚飼育を復活させることにしました。ライティングされた水草も魅力で、アロアナみたいな大物を飼おうとは思っていません。 くりっくすると少し大きく見えます。小さな熱帯魚、探してみてください。

続きを読む "熱帯魚"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

団塊世代狙い?@朝日新聞広告

Asahicm 今朝の朝日新聞にちょっと変わった広告がついていた。4pageで「男のロングセラー特集」と銘打っている。
「広告特集」となっているのだが、1pageはわかりやすいLarkのたばこの広告だが他の3ページは記事風。
価格や問合せ先は全く出ていなくて1960年代に一世風靡したというより当時、若者の心をつかんだ憧れの商品が今もNewモデルになって販売されているという内容になっている。
一番排気量の高いオートバイ、レーサーも使っている時計、プロも使っているエレキギター、ポルシェにも買った国産の早くて格好よい車、世界一流のカメラ、世界一流の万年筆。(左の写真はその広告の表紙、クリックすると大きく見れます。(スキャンしたもの))

あの頃のわくわくを思い出しませんか?今なら買えるんじゃないですか?という構成です。なるほどとネットで検索するのか、ショーウィンドーを見ているだけだったあの店に説明を聞きにいくのか。自分よりは少し上の世代、俗に言う団塊の世代のおじさんを狙った記事のような広告特集。

唯一の広告らしい広告は当時は値段も高くて憧れだった「ヨーモク(外国製タバコの事)」の広告。

続きを読む "団塊世代狙い?@朝日新聞広告 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北の花折々(ハコベ)080419

Img_4452
ハコベ(繁縷、蘩蔞)ナデシコ科、ハコベ属の植物 ハコベラともいい春の七草のひとつ。我が家の家の周りに自生していたものを撮影。
花びらは5枚。10枚に見えるのは5枚の花びらがそれぞれ2つに深く裂けているためだそうです。小さな小さな花ですし、どうでもいい場所にやたら生えてきて、雑草扱いで排除されてしまう草ですが、春の七草のひとつに選ばれている伝統的な日本の春の野草。
鳥のえさのイメージも強いのですがその感覚は世界的らしく、英語では Chickweed(ひよこの雑草)と呼ぶそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鈴掛の木

Img_4433_2
パンジーが植えられた公園でなにげなく街路樹を見上げるとこんな様子が。木に鈴を掛けたようなこの状態から鈴掛の木とも呼ばれる、街路樹プラタナスの木です。

続きを読む "鈴掛の木"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

春の装い@札幌大通公園

Img_4391
一面の巨大パンジー畑が出現。きれいな縞模様、横長の写真はクリックしてごらんください。
Img_43981
手前は小さく可愛いデイジーが満開です。
Img_43931
というのは正しい話ではありません。これは朝8時に撮影しました。

続きを読む "春の装い@札幌大通公園"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北の花折々(アメリカハナノキ&エゾムラサキツツジ)080416

Img_4385
アメリカハナノキ 別名 紅カエデ 秋の紅葉が美しい園芸樹木 原産は名前のとおり北米ということです。 どこがどうなっているのかよくわからないが花らしい。しかも 雄花 雌花があるらしくこれは雄花みたいです。2008.04.14 札幌市北海道道庁レンガ 前庭

続きを読む "北の花折々(アメリカハナノキ&エゾムラサキツツジ)080416"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北の花折々(キバナノアマナ)080415

Img_4373
キバナノアマナ (調べるのが大変でした)そんなに珍しい花ではないようですが、なかなか大変でした。珍客が現れて、その名前がわからなくてまた大変。

続きを読む "北の花折々(キバナノアマナ)080415"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北の花折々(ヒマラヤユキノシタ)080415

Img_42771
ヒマラヤユキノシタ @札幌市 2007.04.12撮影
今の時期、こんなに沢山の花をしっかりつけている花は珍しいです。名は体を現すとはいいますがキタノクニユキノシタから可愛く咲いていました。
映ってはいませんが葉も大きく厚く濃い緑で、福寿草、クロッカスと同じ開花先頭集団にいる花としてはとてもしっかりしています。スイセンやムスカリ、チューリップなどの開花第2集団がそろそろかなという北の国の花暦です。

続きを読む "北の花折々(ヒマラヤユキノシタ)080415"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

北の花折々(ミズバショウ) 080413

Mizubasyo01
ミズバショウ 水芭蕉 座禅草と同じ小さな湿地に今年も咲いた水芭蕉。この植物は北の植物で九州にはないそうです。

続きを読む "北の花折々(ミズバショウ) 080413"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北の花折々(ザゼンソウ) 080413

Img_4339
ザゼンソウ 座禅草 達磨草  一度見たら忘れない花のひとつ。葉より先に花だけが咲き、その後でにょきにょき葉がのびるのだそうです。毎年水芭蕉を撮影している近所の小さな小さな湿地で発見し撮影したものです。
赤ワインのような色というのは、結構いい表現かもしれません。

続きを読む "北の花折々(ザゼンソウ) 080413"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

安春川と屯田防風林(JRヘルシーウォーキング2008)

Img_4301 JRヘルシーウォーキング2008オープニングウォーク 『初春の札幌、安春川と屯田防風林ウォーク』というタイトルのJR北海道の企画イベントに参加してきた。
参加するとポイントがたまり、15回以上参加するとJRの旅行券がもらえる。11月第1週が最後でほぼ毎週開催、全部で27回くらいのうちの15回というのはかなり敷居が高い。行ったことのない場所には行ってみたいという好奇心で以前も参加していて、その時にはなかったコースや、参加できなかったコースには今年また参加してみたいと思っている。
天気予報には雪だるまマーク、予想最高気温5度という条件で、雪にこそならなかったが天気には恵まれなかった。写真は屯田防風林、参加者に出発時点で配られるyチラシを紹介します。Guide0101(表) Guide0102(裏)クリックしてみてください。距離14km 09:00~11:00の間にスタートし、15:30までにゴールにたどりつけばポイントがもらえます。今日もらったカードに2point入っていますJrcard。さて開幕式から順に今日のコース14kmで撮ってきた写真をいくつか紹介します。

続きを読む "安春川と屯田防風林(JRヘルシーウォーキング2008)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北の花折々(クロッカス)080412

Img_4180
水仙よりもチューリップよりも先に花壇で咲くのがクロッカス。日当たりの良い道路端に咲いていました。このクロッカス自分としては初物でまだそこいらの花壇では咲いていません。札幌市内撮影 04/08

| | コメント (0) | トラックバック (0)

筍の照焼き七味風味

Img_4233
九州の親戚から筍が届いた。米ぬかで茹でて下処理したものをスライスして味醂と醤油で照焼きにしてみた。ビールのつまみにするのに七味をかけて(ちょっと掛けすぎた)つまみ一品できあがり。ビールが進みました(笑)。

続きを読む "筍の照焼き七味風味"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロッテガーナチョコ広告路面電車@札幌

Img_4223
新登場という電車な訳ではないですが、札幌の路面電車、自分にとって久しぶりに見て新鮮だったので1枚パチリ。ロッテガーナチョコ広告電車 札幌市市電 8500型
北海道には他には函館市にも同じように路面電車がまだ走っています。 こんな電車が車の中を走っています。ちょっとわくわくです。

続きを読む "ロッテガーナチョコ広告路面電車@札幌 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平城遷都1300年記念「国宝 薬師寺展」@東博(東京国立博物館)

Yakusiji02
「なんと(710)美しい平城京」で710年というのが一般的だが、708年には元明天皇により遷都の詔が出されたという史実により遷都1300年記念となったようです。そこはそうこだわりはなく、奈良の薬師寺にある国宝が東京で見れるというので、北の国へ戻る前の日の仕事帰りに見て来た「国宝 薬師寺展」をやっと記事にしました。
薬師寺金堂の薬師三尊像の薬師瑠璃光如来の両側の日光菩薩立像、月光菩薩立像は今回の目玉なのですが3mもあって、1300年前からその姿で存在していたと思うとただただ圧倒されます。今風の言葉で言えばオーラ出まくりです。しなやかに美しい二体、会場で買ってきた絵葉書をスキャンしました。

続きを読む "平城遷都1300年記念「国宝 薬師寺展」@東博(東京国立博物館)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

内祝の短冊のし。(お祝い返し)

Img_4143 近所のスーパーの中に出店している和菓子屋さんのショーウィンドーを撮った写真です。
カステラの箱にのしがかかって、更に名前が入った短冊のしが添えられています。
北海道で生まれ育ち暮らしていると何の違和感もない写真で、それどころかある意味、季節を感じる1枚の写真だと思います。すくなくとも東京ではこのパターンは見ませんでした。あ、懐かしいと思い記事にしてみた次第です。
子供が入学式を迎えた家庭では、親戚や親しい友人からもらったお祝いにお返しをします。そのお返しにはこの短冊のしにその入学した子供の名前をフルネームで書いたものを必ずつけます。
(いや、正確に言えば「殆どの人がつけていたものでした」が正しいのかも知れません。その風習は今も続いているのはこのショーウィンドーで明らかなのですが、その普及率がどの程度なのかはわかりません。)
こののし短冊は他にも使われます。

続きを読む "内祝の短冊のし。(お祝い返し)"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

北の花折々(フキノトウ) 080405

Img_4202

Img_4198
Img_41971
北海道道庁の庭のフキノトウ(蕗の薹)右に2枚あるのは上が雄花、下が雌花。雌花のほうが食べるには美味しいと思います。

続きを読む "北の花折々(フキノトウ) 080405"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

行った見た 東京あちこち+千葉 2007.10~2008.04

東京都中央区での単身赴任 仮住まいも昨日で終了。秋から春の半年間。
毎月200時間以上は働きながらもう二度とないかもしれない東京暮らしにおのぼりさん気分、好奇心旺盛にあちこち歩き回っていました。一眼レフではないですが、新しいコンパクトカメラのパノラマ写真簡単撮影機能も面白くて記事にしました。
素敵な女性いっぱいのオフ会にも2回特別参加させてもらいました。花や食べ物、展示物がメインの記事もありますし、日曜日に出かけたのを5つもの記事にしていたりもするので記事は実際以上に多いですが行政地域別に並べて見ました。

墨田区 台東区 江東区  千代田区 中央区 文京区 港区 目黒区 大田区 新宿区 後は千葉県の 浦安 幕張 成田

住んでいた場所(中央区)に近いところが多いですが、前回の単身赴任(行った見たあちこち)とあわせると一通りの名所はカバーしたような気がします。東京の凄いところはどんどん見るべきものが増えたり変化していることです。僅か半年でも有楽町ITocia 赤坂サカス などといった大きな商業施設がオープンしたり、国立の博物館、美術館も季節季節で常設展示が変わって見れなかった有名な絵や品物が見れたりします。刺激の多い街 東京の半年間の一覧表です。(行政別にしたのが以外に苦労で有楽町は千代田区で銀座は中央区なんてことも初めて知りました)

並べてみて振り返ると、写真では都庁から撮った夕方の富士山 雪の上野や皇居がちょっと良い物が写せたかなと思います。
場所では日曜日と重なったので行けた横綱 朝青龍関も見れた成田山新勝寺の節分。成人になった娘たちも一緒ということ自体が久しぶりでもう機会も少なくなりそうな家族揃っての初めてのディズニーシー。
見たものでは先日行ってきたばかりの東山魁夷展とうまく撮れませんでしたが東京の夜景というのは凄いと思います。

東京に暮らしていても、行ったことがないなんていう場所も多いのかもしれませんが、与えられる良い刺激は脳の活性化にも良いそうなので、皆さんも出かけてみませんか。
北の大地からまたらしい記事をお届けできればと思っています。

続きを読む "行った見た 東京あちこち+千葉 2007.10~2008.04 "

| | コメント (3) | トラックバック (0)

桜と共に北へ

桜と共に北へ
羽田空港にて

| | コメント (4) | トラックバック (0)

生誕100年 東山魁夷展@東京国立近代美術館

Img_4122
夜8時までやっているのでギリギリで見てきました。絶対に見たかった展覧会。生誕100年 東山魁夷展は竹橋の東京国立近代美術館で先週末から開催されています。

東山魁夷の画業を語る上で欠かすことのできない代表作、ほとんどすべてが会場に集結します。また、今まで紹介されることの少なかった作品もあわせて会場に並びます。本制作約100点、スケッチ・習作約50点を数える大展覧会は、これまでの東山の回顧展で最大規模です。
東山自身が画業の転機とみとめる《残照》、東山を一躍人気作家へと押し上げた《道》、東山作品のなかで最も人気の高い《花明り》などの重要な作品が、展示替をおこなうことなく全会期を通して展示されることも、本展の大きな特徴です。
HPより)

確かに額縁に入ったそれらの絵も素晴らしく、今までみたことのある作品の本物を全部見ることができました。「青響」や「白馬のいる風景」も好きなのですが今回一番見たかったのはあの襖絵でした。

続きを読む "生誕100年 東山魁夷展@東京国立近代美術館"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

花より団子 春宵一刻値千金

Img_4060
靖国神社の境内は何も持たずに訪れても座る場所もお酒もつまみも用意された花見が楽しめます。
Img_4081 Img_4080
Img_4082 Img_4084
よりどりみどり、出来立て焼き立てのアツアツをつまみに、あちこちで歓声があがります。

続きを読む "花より団子 春宵一刻値千金"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

夜桜@千鳥ヶ淵 縁道

Sakura02
妖気さえはらんでいるかのような、千鳥が淵の夜桜。Img_4034Img_4029Img_3972

続きを読む "夜桜@千鳥ヶ淵 縁道"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »