« 茶箪笥から辿る昭和と平成 | トップページ | 惑の花折々(ジンチョウゲ)080309 »

怪しいブログ

ひと昔前、HPを持っているというとパソコンに詳しい人。みたいなイメージがあったが最近のブログの普及、携帯電話の普及でネット上で何かを発信している人はとても多い。
何か事件がおきると「ブログには・・・と書かれていた」と被害者や加害者のブログの内容が紹介されるのも珍しくない。携帯ではプロフなんていうのも若者達の間では流行っているようだ。ブログの女王とかブログのアイドルとかブログがきっかけで有名になったタレントさんもいる。
これだけ流行っているブログ、もう一方で広告宣伝費では雑誌よりもインターネットにかけている広告宣伝費のほうが多いというのが2007年の結果として電通から先日報告が上がっている。(インターネット広告費は24.4%増の6,003億円で、雑誌広告費の4,585億円を上回った。資料)雑誌よりもインターネットという時代になったということになる。
さてそんな時代だということを強くアピールされてだまされている人たちがたくさんいるような気がするあやしいブログをみつけた。

「(一人暮し天国)  Gメン多村」 または 「ダッフルコート LC-26AD5 」暗号のようなつながりのない言葉ですが、googleでもyahooでも検索するとたくさん出てきます。
その言葉自体はどこかに隠しているブログもあるし、そのまま出てくるブログもある。ここからは憶測の域をでないがこの状況は仕掛け人がいて、「ブログを立ち上げるだけで、あなたもすぐに凄い収入が」みたいな案内にだまされた人たちがお金を払って立ち上げているブログではないかと思う。
どういう語句がよく検索されているか それを逆手にとって、そういう語句の羅列をいれておけば検索でクリックされる率が高くなる。そうしてそこに乗っている広告をクリックされればアフェリエイトで黙っていても儲かるという情報を提供して儲けている人たち(詐欺ではない)がいるような気がする。より新しい記事が検索されるという検索エンジンもあるのだろう。一日に20も30もアップしているブログもあった。
それ自体はどうでもいいというのが本音。世の中そんなうまい話はある訳がないということに尽きるのだが、迷惑メールと同様に迷惑ブログとなっていろんな情報の検索が正しく行えないような状態になっていくことが心配なのである。どんな語句をいれても広告だらけの情報としては意味のないブログばかりがやたら出てくるようになってしまうのを危惧するのである。
実は先日記事にした川瀬巴水さんの展覧会について、他にあれを記事にしたブログはないかと検索したらひっかかった記事が、???の内容で、そこからこの記事につながっている。すでに小さな悪影響は出始めている。そんなブログはよくわからないコメントやTBも頑張ってうっていたりするのも少なくないようだ。お金を出して払った儲かる情報のなかのひとつのテクニックなのだろう。困ったものである。わくわくする記事ではないが、なんとも気になったので紹介した。

|

« 茶箪笥から辿る昭和と平成 | トップページ | 惑の花折々(ジンチョウゲ)080309 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4833/40420726

この記事へのトラックバック一覧です: 怪しいブログ:

« 茶箪笥から辿る昭和と平成 | トップページ | 惑の花折々(ジンチョウゲ)080309 »