« 今日のGoogle 3/3 | トップページ | 惑の花折々(ヒイラギナンテン)080306 »

日本橋界隈 番外編(@江戸東京博物館)

Img_2956_2
上の写真は江戸日本橋を実物大で再現したもの、長さこそ半分だがそれ以外は忠実に再現したものである。江戸東京博物館の常設展の入り口がこの橋になっている。(川瀬巴水の展覧会を見に行った土曜日に撮影)有名な歌川広重の東海道五十三次の「日本橋」と比較してみる。
Pic_081_2
写真をみると人が横一列に並んで歩くとしたら余裕があるのは四人程度だろうか。手摺は肩まではいかないが、脇の下くらいの高さはあるだろうか。
浮世絵版画を見てみると、確かに似たような大きさ。もっと幅が広いようなイメージがあったが車がすれ違うわけではないので十分な幅だったのだと思う。

江戸東京博物館で、好きな展示物に隅田川の花火大会のジオラマがあります。これがなかなかよくできています。
Edohakup2
クリックしてみてください。おなじみパノラマ写真。船の上からの花火見物も多かったようです。見世物小屋も建って賑やかだったようです。Img_2970_2
パノラマ写真の手前の大きな船はこんな様子Img_2980
下左は町の中の賑わい、下右はパノラマ写真の右側の船のアップ、水上八百屋のようです。このジオラマ周りには双眼鏡が置いてあって皆覗いています。
Img_29821 Img_2979


|

« 今日のGoogle 3/3 | トップページ | 惑の花折々(ヒイラギナンテン)080306 »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4833/40377132

この記事へのトラックバック一覧です: 日本橋界隈 番外編(@江戸東京博物館):

« 今日のGoogle 3/3 | トップページ | 惑の花折々(ヒイラギナンテン)080306 »