« 今日のgoogle 03/20 | トップページ | 開花宣言の夜桜@靖国神社 »

松岡美術館@白金台

Img_32201_2
エジプトのあの棺の本物。自然教育園に行った先週の日曜日、路上の地域地図に「松岡美術館」と出ていて何の予備知識もなく尋ねてみた。かなりの所蔵品があり、季節毎にテーマを決めて展示をしているようだ。今回やっていたのは「中国陶磁器名品展」次回は「フランス近代絵画展(モネ、ルノワール、モディリアーニ、シャガール、ユトリロ、ローランサン、ピカソ)」というのだからちょっと驚く。新しい建物でお洒落なとても感じの良い美術館でした。
Img_32651 フラッシュをたかなければ、撮影もOK。いくつかのこじんまりした展示室がある2階建ての美術館。ちょっと奥まった場所にありますが、白金台の駅から5分程度でしょうか。中庭も手入れされた和風庭園。ロビーもゆったりした感じでした。
古代オリエント美術、現代彫刻、ガンダーラインド彫刻、が一階の常設展示室、二階に東洋磁器、日本絵画、ヨーロッパ近代絵画ということで、先頭の写真は古代オリエント。こんな明るい場所でこんな近くで見たのは初めてでした。(棺だけで中身はありませんでした)

どんな作品があったのか、その一部を並べておきます。クリックすると拡大してごらんになれます。先頭は今回の特別展示のポスターにものっていた2作品
Img_3251 Img_32492
Img_32272Img_32282Img_32302Img_32321
Img_3243Img_32451_2Img_32471
Img_32621Img_3258Img_32591Img_32462
Img_3248Img_32511_2Img_32502
Img_32341Img_32351Img_32631Img_32641

|

« 今日のgoogle 03/20 | トップページ | 開花宣言の夜桜@靖国神社 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

惑さん、毎週本当に色々なところへお出かけですね。
こちらの美術館の中国陶磁器、お写真ありがとうございます。
やはり日本のものとは風合いが違いますね。

下の自然教育園のところで、鶯神楽、これは鶯カズラだとばかり思っていました。神楽が正しいみたいですね。
それから、我が家の庭にも「バイモ」があるのですが、その名前が解らずにいました。お陰で調べなくても解ってしまいました。サンキューです。明日あたり咲くかもしれません。
春はつぎつぎと花が咲いて、本当に楽しいです。

投稿: hicha | 2008.03.22 21:26

>hichaさん
中国陶磁器はお手本というか総本家なのだとは思いますが、日本独自の発展をとげたのでしょうね。赤い桃の皿を見たときに、「日本ならこれが柿右衛門なんだなぁきっと。」ど素人ですが国立博物館で見たあのhttp://waku.cocolog-nifty.com/waku/2008/01/600_39fb.html">赤とはまた違うなぁなどと見ていたのでした。
スイカズラ科の・・カグラですからね。紛らわしい名前ですよね(笑)。春花が咲くのは楽しいですね。コメントありがとうでした。

投稿: | 2008.03.23 08:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 松岡美術館@白金台:

« 今日のgoogle 03/20 | トップページ | 開花宣言の夜桜@靖国神社 »