« マグロのカマ丼とピリカラ漬け | トップページ | 惑の花折々(フクジュソウ)080211 »

広重「名所江戸百景」全揃百二十景が無料

Img_2374_2 Img_2375_3
どうして無料なのかはわからないが、フランス印象画の画家達にも影響を与えた江戸時代の浮世絵師、歌川(安藤)広重の最後の大作、通称「江戸百」とも呼ばれる「名所江戸百景」の120景全揃いが無料展示されているのを知ってあわててみてきた。

 展示 2月16日まで
 時間  午前九時~午後七時まで
 会場 千代田区立九段生涯学習館2F
      (地下鉄「九段下」6番出口前)

さすがに色が褪せているのはしょうがないが、かなり保存状態が良いものもあった。また初版はやはり色と線の鮮やかさが違うのもわかった。
広重という人の才能は、大胆な構図(特に近景の使い方)にあったのではないかとあらためて思った。単純に知っている場所、行ったことがある場所もずいぶんあった、堀切の菖蒲園、亀戸天神の藤棚、こないだ浅草の記事で紹介した版画(浅草金竜山 先頭のポスター)の本物もあった。江戸時代、あちこちから富士山が見えていたんだなと言うのも今日思ったこと。どんな版画があるのか、ネットからひっぱってきてご紹介。
Asakusataura Ryogokuhanabi Horikirihanasyobu_2 Fukagawa
浅草田甫酉の町詣、両国花火、堀切の花菖蒲、深川洲崎十万茅坪

Oohasiatake Kameidoumeyasiki Pic41 Pic42
大はしあたけの夕立、亀戸梅屋敷、最後の2枚は会場にはありません。広重の浮世絵ではなくあのゴッホの作品です。ゴッホがこれは凄いとリスペクトされて模写した油絵。その元となった本物(その前の2枚)も含めて無料で見られます。

Img10374168984 Museum_ph081 B0044404_924292_2
印象派絡みでもう一点ご紹介「亀戸天神」  やはり浮世絵に影響された印象派の画家はこの絵の藤棚に太鼓橋を真似て自宅の庭に同じように橋を作った。その絵が右側の絵。ご存知モネである。

ちょっと興味のある人はぜひぜひお見逃しなく

こんなHPを見てから行くともっと楽しめたかもしれません。
 「名所江戸百景を歩く」  Nori-Seki's Photo Walking Web Site の1コーナー

2008.02.11 追記
色々あるもので、東京芸術大学では去年展示したときに江戸百景をGoogleMapに貼り付けてこの絵の場所はここという仕掛けを作って公開していました。
 歌川広重《名所江戸百景》マップです。とっても面白いです。ぜひ見てください。

|

« マグロのカマ丼とピリカラ漬け | トップページ | 惑の花折々(フクジュソウ)080211 »

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ご紹介ありがとうございます。
こんな展覧会を開催しているとは知りませんでした。行ってみようかな。

去年「謎解き 広重『江戸百』」(集英社新書)という本を読んで以来、江戸百景に興味を持っています。この江戸百は近景と遠景の構図に特徴があるようです。なかなか面白い本なので、興味がおありなら読んでみてください。

投稿: Tompei | 2008.02.10 23:12

浮世絵大好きです。
大好きなモネやゴッホにも多大なる影響を及ぼしたという点も
含めて世界に誇れる知的遺産だと思います。
中でも、広重は大好きです。
「名所江戸百景」が無料で見られるとは!奇跡ですね。
ご訪問&情報ありがとうございました。

投稿: Queen | 2008.02.11 08:36

>Tompeiさん
絵や写真のアマチュアが公民館の一室かりて個展開きました。というノリの展示です。江戸時代、刷り上った直後の鮮やかな色はどんなっだったろうと想像力を働かしての鑑賞になりますが、芸術価値というより写真のない江戸時代の名所絵葉書と思えば別の意味で凄い情報だと思います。川を船が行きかう水上交通都市だったんだなとか。時間があればぜひどうぞ。

>queenさん
興味ある情報の紹介になったようで嬉しいです。東京芸大も全揃いを所蔵しているようですが、世界に12組程度しかないそうです。値の張る画集なんかに比べると画質は落ちますが、とにかく本物、全百二十図(内一図は二代広重落款、一図は目録)が一度に見れるのはそうそうないと思います。機会があればぜひどうぞ。訪問ありがとうでした。

投稿: | 2008.02.11 10:32

わー、今週いっぱいじゃないですか!
なんとか頑張って行きたいと思います。
教えてくださってありがとうございます。
広重の絵、大好きです。構図が素晴らしいと。

教えてくださったHPもすごいですね。
ゆっくり拝見させていただいて勉強してから参ります!

投稿: ぶんぶん | 2008.02.11 12:47

惑さんこんばんは
私のblogへの訪問ありがとうございました。
この展示会は知りませんでした。
でも16日まで゜・・・ん~いけるかなぁ
カメラもって是非行きたいと思います”!
貴重な情報ありがとうございました!

投稿: kotarobs | 2008.02.11 18:03

>ぶんぶんさん
追記した芸大のGoogle mapにも出てますが、こないだのオフ会の木母寺も百景の中にあったりして、あ、木母寺だ。なんて単純に楽しめる部分もあってお勧めですよ。

>Kotarobsさん
基本的には個人所蔵の展示会のようです。自分は入り口の外から1枚撮ったのを載せましたが、中での撮影は主催者に確認してからですかね。訪問resありがとうでした。追記のgoogleマップ今後の参考にぜひどうぞ。

投稿: | 2008.02.11 23:05

惑さん、リンク有り難うございました。
Google map見ました。名所江戸百景を一緒に歩いた仲間が後半にGPSで歩いた軌跡をGoogle mapに張り付けていました。これとほぼ同じものですね。絵と現在の写真の両方を載せれば私のWeb Siteと同じものができ上がります。
絵の現物ですが、2002年に歩き始める時に太田記念美術館蔵のものをニューオータニ美術館で119枚見ました。その後銀座の教文館で見たものは実に綺麗なものでした。
御紹介の展覧会は行けそうにありません。残念です。

またお邪魔します。

投稿: Nori | 2008.02.13 00:23

>Noriさん
銀座の教文館というのは調べてみると復刻板の展示会をやったときのことのようですね。復刻版を作る際の話が本にもなっているようです。刷り上ったばかりの色鮮やかさで見てみたいものです。訪問ありがとうございました。

投稿: | 2008.02.14 06:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4833/40078678

この記事へのトラックバック一覧です: 広重「名所江戸百景」全揃百二十景が無料:

» 展示会はしご [Fancy Pet]
今日は一人で東京まで二つの展示会を見てきました。 まずは千代田区九段生涯学習館2 [続きを読む]

受信: 2008.02.14 19:24

» 『謎解き 広重「江戸百」』 (原信田 実) [葉桜日記]
 昨年読んだ本ですが、先日、本物の「江戸百」を見る機会に恵まれたので、改めてざっ [続きを読む]

受信: 2008.02.16 14:31

» 東京散歩2008 No.1(No.15) ~広重・湯島~ [あん・ぷろん・ぷちゅ]
いつもお世話になっている惑さんに耳寄り情報をいただき、最終日にようやく見てきまし [続きを読む]

受信: 2008.02.17 16:10

« マグロのカマ丼とピリカラ漬け | トップページ | 惑の花折々(フクジュソウ)080211 »