« 惑の花折々(カンザクラ)080213 | トップページ | 道庁と雪だるま »

雪の夜 02/14

Img_25761
窓を開けて今夜撮った1枚。この週末は北の人です。

Marys50_2 で、飛行機を利用している訳ですが、飛行機の機内誌というのはなかなか良くできています。今日は2月号を読んでいて気になった広告がありました。
想いを贈る。「愛が始まる・・・二人の記念日」
「メりーのバレンタインは50周年をむかえました」
のコピー。50周年が気になって調べようとしたらGoogleもバレンタイン。
Valentine08
そう女性が男性にチョコレートを贈る日と決めているのは日本だけ、好きな男女がお互いに花などの贈り物を贈る日なので 今日のgoogle02/14は老夫婦がプレゼントの花をもらって楽しく散歩の絵です。では日本のバレンタインを仕掛けたのは誰かという話になるわけで、wikiによれば 1936年のモロゾフが最初にバレンタオンデーそのものを紹介し、時は流れて 1958年からメリー 1960年から森永も宣伝をしはじめて1970年代後半になり広く普及してきた習慣と言えるようです。先日TVを見ていたらタモリさんが自分の青春時代にはそんな習慣はなかったからもらったことがないと言っていました。自分も少なくとも高校時代にはチョコレートを貰ったもらわなかったと騒いでいた記憶はなく70年代後半だと少し思い当たる節もある。(極めて個人的な状況かもしれないが(笑))  で、メリーチョコが最初にバレンタインの広告を出してから50年。継続は力なりですが、「女性から愛を打ち明けていい日」とコピーに使い出したのはメリーが最初で1960年のことだったようです。
「メリーのバレンタイン50周年」といいながら実は「メリーが仕掛けた日本流のバレンタイン50周年」な訳です。土用の丑の日のうなぎにも通じる素晴らしい宣伝戦略の成果です。
参考 「バレンタイン・チョコレート」はどこからきたのか」 東京経済大学 山田晴通教授HP

|

« 惑の花折々(カンザクラ)080213 | トップページ | 道庁と雪だるま »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

日本のバレンタインはチョコレート屋さんの戦略。
なっとく!です
もともとは愛する男女を応援して死刑になった、バレンタイン神父さん(牧師さん?)が、この記念日の発端とか。。(テレビの受け売り)

投稿: pegasus | 2008.02.15 08:18

あら、お帰りでしたか
ちょうど良いときにご帰宅でしたね
今年は、奥様から手渡しですね^^
発端がはともかくとして、夫婦の小さな楽しみとしてはいい日だと思っていますが・・・(*^^*)
最近はとくに寒い毎日ですから
風邪をお土産なんてことになりませんように

投稿: yoshi | 2008.02.15 11:47

>pegasusさん
そうですね。諸説あるようですがその神父さん(聖ウァレンティヌス(テルニのバレンタイン)にちなんで恋人に贈り物を送る記念日として定着しているようです。タイではデパートがプレゼントしましょう!なんてセールをやっていないですか?コメントありがとうでした。

>yoshiさん
雪が多くて、雪かきの良いタイミングで帰って来たねと確かに歓迎されました(笑)。yoshiさんはどんなチョコをあげたんですか?コメントありがとうでした。

投稿: | 2008.02.15 21:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4833/40127519

この記事へのトラックバック一覧です: 雪の夜 02/14:

« 惑の花折々(カンザクラ)080213 | トップページ | 道庁と雪だるま »