« 年賀状は贈り物だと思う | トップページ | 今日のgoogle080101(TCP/IP記念日) »

ローストビーフ

Img_1579_2
安いオーストラリア産のモモ肉で、暮れにローストビーフを作りました。火の通り加減が全てといっても良い料理ですが、これは絶妙の出来でした。

Img_1572 Img_1577_2
Img_1581_2 Img_1583_2
去年もクリスマスに作って記事にしているローストビーフですが、今回はオーブンも使って更にはグレービーソースも作った本格派。大雑把なレシピを説明します。

1.調理の少し前に冷蔵庫から出して、部屋の温度に適当に塩コショウ、スパイス、にんにくを下ろしたものをこすりつけて、たこ糸でしばって形を整えておきます。赤ワインを香り付け程度にふりかけておきます。

2.セロリと玉ねぎとニンジン、それとにんにくをかなり多めにたんざく切りくらいの感じに刻んで用意しておきます。

3.1の肉をフライパンに牛脂とバターとサラダ油で全ての面の表面を焼いて、軽く焦げ目がついて肉汁が出てこないようにします。それで取り上げたあとそこで2の野菜を炒めてフライパンの油を吸い取ってしまいます。

4.200度くらいに暖めたオーブンに香味野菜にくるんだ形で15分~20分程度で出来上がりです。今回は500gの肉でしたが、肉の大きさによって時間は調節する必要があります。
5分置きくらいに出してみては裏返したり向きを変えたり、トレイにたまっている油をかけたりするのと同時に竹串を刺して、肉汁がにじむくらいになったらいい頃かと思います。(このあたりが、料理してるぞと言う感じで楽しいところです。気分しだいで赤ワインを追加でかけてみたり、オリーブオイルなんかもちょっといい感じです。) 肉はこれで出来上がり。アラ熱がとれて肉汁がなじむまで20分くらいはきらずに置いておきます。アルミホイルに包んでおいていくのも様子をみつつ。(不安なら試しに切って中の様子を覗いてみちゃいましょう。ちょっと赤い血がにじむくらいでもアルミホイルで包んで置いておくと大丈夫です。)

5.グルービーソースを作る。オーブン皿に残った野菜と油や肉汁をフライパンに戻して赤ワインと水とでを足して200cc程度のソースを作ろうというものです。ソース、ケチャップで味を整えて(少しずついれて味見しながら作りましょう)グツグツ煮詰めて、玉ねぎやセロリをつぶすようにグチュぐちゅにします。最後は漉します。と言ってもザルで漉しただけです。 細かいことはネットで調べてください(笑)。

※ホースラディシュ(西洋わさび)は是非用意ください(チュ-ブ入りで100円程度)。ポン酢やわさび醤油なんかもいいですが、まずは王道で。

|

« 年賀状は贈り物だと思う | トップページ | 今日のgoogle080101(TCP/IP記念日) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4833/17546791

この記事へのトラックバック一覧です: ローストビーフ:

« 年賀状は贈り物だと思う | トップページ | 今日のgoogle080101(TCP/IP記念日) »